記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミリタイア生活でストレス耐性が減退した

超ぶっちゃけると、成為、1月2月はちょっと働いていました。「ぶっちゃける」という言葉を使ってみたかったのですが、流行遅れ感ぱねえですね。



今年からちゃんと労働時間を計っているのですが、1月は48時間、2月はすでに78時間働いています。いやもう働き過ぎです。1月2月で、今年いっぱい分の収入分を稼いだんじゃないかってくらいです。仕事ってちょっとやりだすと回りだして困りもんですね。


続きを読む

スポンサーサイト

消える定年?いいんじゃない、生涯現役で。

今月のWedgeに「消える定年」という特集記事がありました。



図書館にあったので読んでみたのですが、「かつては定年まではバリバリ働いて、定年になったら悠々自適、晴耕雨読の生活へ、というライフスタイルが一般的だったが、今は(主に経済的な困難から)定年後も働き続けなければいけない」というような趣旨でした。


続きを読む

肩書とプライド

プレジデント・オンラインに、「学歴にこだわる人は、今の自分に自信がない」という記事が掲載されていました。

Identity and Ration Books
Identity and Ration Books / HerryLawford


生まれて物心ついたときから、肩書というものがついて回ります。正確に言うと、所属が決まって肩書がつきます。幼稚園生、小学生、中学生…。今は、私立幼稚園生とか、名門幼稚園生というのが付くのかもしれません。

続きを読む

65から死ぬまでを不自由なく生きるより、40から65までを自由に生きることを選ぶ

前回の国民年金の記事で、このように書きました。

65から死ぬまでを不自由なく生きるより、40から65までを自由に生きることを選びます。


何の気もなく出てきた言葉ですが、これが私のアーリーリタイアの本質を示してるんじゃないかと思いました。

Life expectancy
Life expectancy / pedrosimoes7


続きを読む

セミリタイアを考えだしてから、些細な思いつきをその場であきらめないようになった

Idea Taking Flight
Idea Taking Flight / Andrew Tarvin


先日のエントリ「退職後の予定が立てられなくて困っている」で、旅行に行きたいけどとある理由のために4月以降の予定が立てられないということを書きました。すると、複数の方から、これから時間ができるんだから予定に追われなくても、といった旨のご指摘をいただきました。

確かに、焦って先走り過ぎだったかとも思ったのですが、よくよく考えてみると、以前に比べて「あれをしたい」ということが増えていて、密かにつけている「やりたいことリスト」がどんどん伸びてきているせいじゃないかと思えてきました。

続きを読む

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。