記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ETFから撤退します

これまで何度か、海外ETFをどうしようか悩んでいると書いてきました。

海外ETFは悩ましい
5月末の資産状況と海外ETF
6月末の資産と海外投資口座のデメリット
海外ETFの年間配当見込みが33万円を超えた

米国Firstrade証券で全世界株式ETF・VT、新興国株式ETF・VWOを購入していますが、今後低所得のライフスタイルに変えていこうというときに、足を引っ張るおそれがあるからです。

続きを読む

スポンサーサイト

リタイア前の心の持ち方:早期リタイアデビューを目論む

先月、「労働人生からの出口戦略(2013年7月版)」として、仕事を辞める時期とセミリタイアに入る時期をだいたい設定しました。

率直に言うと、現在の仕事に対するモチベーションがかなり低下しています。ただ、仕事自体はつらくないので、毎日会社に通い続けることができています。

そんな気分を見透かしたかのような記事が、こーえんさんの「おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話」にありました。「アーリーリタイアは禁断の果実」でこうおっしゃっています。

アーリーリタイアを目指している理由が仕事に対してネガティブな感情を持っていてることに起因していて、かつアーリーリタイアへの道のりがまだ遠い場合(十年以上先)、そのタフな精神力にある意味で尊敬の念を持つと同時に、自分には絶対にできない、とはっきり感じるようになりました。個人の価値観の話になりますが、早く仕事を辞めたい、お金を使いたくない、と(私自身にとっては)ネガティブな感情を日常的に持ち続ける事が性に合わないからです。

例えば事業や投資で一発当てた結果、または余生を過ごす事ができるだけの十分なお金を持っている状況にある場合であれば、今後の人生の選択肢としてリタイアを考慮することはあると思います。

続きを読む

働き方がいろいろあって、みんないい・・・だったら良いのに

東洋経済の8/31号に、「職場のお荷物か?戦力か?ワーキングマザー」という記事が掲載されていました。

労働人口が減っていく日本では、結婚・出産を機に仕事を辞めていく傾向のある女性を活用していかなければならないが、どうすればよいか、という内容です。女性役員割合の国際比較で、日本は42カ国中38位、日本の下はバーレーン、UAE、カタール、サウジしかいないという状況。争うのはサッカーワールドカップの座か女性役員の割合か。

なお、日本の人口は順調に減っていて、8/28のニュースでは去年も26万人減っているみたいです。4年で70万人減少。

最初に「ワーママ」という言葉を見た時に、ぱっと思い浮かべたのが「ワーウルフ」の類か、という成為です。これについて語る資格はありませんので、女性に特化しないで考えようと思います。

ワーキングママのことを「ワーママ」、ワーキングパパのことを「ワーパパ」っていうみたいです、知りませんでした。では、働いてないパパやママのことはなんて言うんですかね。ニーパパ?ニーママ?働く単身はワーシン?

続きを読む

リタイアとは何か、という定義ができず悩む

節制型リタイアブログリンク集を作っていますが、その数も結構増えてきました。本当は、カテゴライズとか整理をして見やすくしたいと思っているのですが、なかなか手が出ないでずるずると時間が経ってしまっています。

(ハッピーリタイア計算ツール2ダッシュターボも完成はしてるんですけどどうやって公開しようかと迷っているうちに1ヶ月以上も経ってますね…)

一口にアーリーリタイア、セミリタイアと言っても、それぞれ結構違うんですよね。カテゴリー分けするにも、切り口をどうするかという問題があります。ぱっと思いつくのは、こういった視点。

・労働の多寡 : 完全リタイア ⇔ セミリタイア
・生活費の多寡 : リッチリタイア ⇔ 節制リタイア
・不労所得の種類 : 不動産収入 ⇔ 投資収入 ⇔ ネット収入
・住まい : 都市型リタイア ⇔ 田舎・ミニマム型リタイア ⇔ 外こもり
・年代 : 30代以下 ⇔ 40代 ⇔ 50代以上
・家族構成 : 単身  ⇔ 夫妻・子なし ⇔ 夫妻・子持ち

どれもこれも、分けようと思ったら分けられるのですが、今ひとつピンとこない。ただ、今みたいに並列で並んでいると見る方も大変なので、見ている方にとって有益になるようにしたいなと考えているのですが。タグ付けができると良いかもしれないですね。

こういう風に考えていくと、リタイアの定義ってなんだ、という話になります。

続きを読む

人生の落伍者

ブログなどを見ていると、落伍者になるのを極度に恐れている人が多いように思います。

落伍者とは何者なんでしょうか。Weblio辞書にはこうありました。

隊列や隊伍から後れおいて行かれた人。比喩的に、大勢の人が歩むような人生に遅れを取ったり、悪い方向に行って落ちぶれてしまったりしている人のこと。


多くの人が送る「普通」の人生を歩めなかった人のことのようです。普通の家庭に育って、普通の高校・大学に入って、普通にサラリーマンになって、普通に結婚して、普通に定年まで働いて、普通の老後を暮らして普通に死んでいけなかった人のことだとしたら、おそらく大半の日本人は落伍者でしょう。

続きを読む

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。