記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

セミリタイアとかしてみたいんです

「わあ、英語しゃべれるんですか?私、英語とかしゃべってみたいんです」とか言われたらサーッと熱が引くタイプの成為です。「私もロシア語とかしゃべってみたいんです」と返したいところです。

さて、普段、リタイアについて特化した記事を書き、リタイア関連ブログを読みあさっていると、世間一般みながリタイアを目指しているという幻想と現実が混じったような、いわゆる魔が差したような考え方になるときがあります。

セミリタイア関連の次によく読むインデックス投資関連ブログでも、リタイアを望んでいる方の割合は比較的高いのではないかと思います。インデックス投資をしている方は、おそらく100%長期的な資産形成の目的でやられているのだと思いますので、その意味ではリタイアとの相性が非常に良い。アメリカのアーリーリタイア関連の記事を読んでいるとほぼインデックス投資を全体としています(しかも株式・債券半々くらいのカウチポテトポートフォリオが多い)。デイトレはリタイアしたことにならないのかもしれません。
よく読んでいる虫とり小僧さんの「いつか子供に伝えたいお金の話」で、「セミリタイヤとかしてみたいけど…」というエントリがありました。

例えば、仕事は週に3日、本格的な趣味や遊びが週に2日、そして週に2日はいわゆる休み。
・・そんな毎日を過ごせたら最高だなぁ、なんて妄想してみるのも、なかなか楽しいものです。



おそらく、このようなセミリタイア願望を持っている方の割合は結構多いんじゃないかと推測します。ただ、ネックとなるのは、

ただまぁ、そういうことを現実的に考えてみると、まずは「お金」の問題が頭に思い浮かびます。
平均寿命で想定すると私はまだこの先何十年も生きる可能性が高いですし、養わねばならない家族もいます。



独身中年男としてはリア充爆発を祈らざるを得ないところがありますが、私が選んできた結果なので甘んじて受け止めます。というか人と比べて幸不幸を判断するのは一番不幸なので、武士は食わねど高楊枝(誤用)。話をもとに戻すと、セミリタイアしたいけど金銭的に難しいのでしないという方が一番多いのでしょう。その基準について考えているのがこのブログ。

ただ、金銭的な問題を脇においても、外聞の問題や自分の中の問題があってリタイア生活が楽しいものになるかどうかはわかりません。「やってみなければわからない」リタイア生活ですが、一旦リタイア生活に入ってしまうと、元のような生活に戻るのは不可能とは言いませんが、ほぼ不可能。死ぬことと同じような不可逆性があります(もちろん、死ぬことに比べれば比べものにならないほど可逆的ですが)。

死んだらどうなるかわからないから自殺を選べないように、リタイアしてからどうなるかよくわからないからリタイアを選べない。アメリカでリタイアが盛ん(?)なように見えるのは、一旦キャリアを外れてもまた復帰しやすいというのもあるんじゃないかと思います。投資環境が良いっていうのも多分にあるんでしょうが。

虫とり小僧さんはこうも書かれています。

たとえ仕事上の負荷が軽くなろうとも、毎日を「生きる」ということが、そんなに甘っちょろいものだとはどうしても考えられないのです。

これは、私が用心深すぎるのでしょうか。。



私の場合は、読みたい本はたぶん死ぬまで読み切れないですし、遊びたいゲームもたくさんあります。スポーツもしますし旅行にも行きたい。70まで体が動くと考えても、あと30年もないわけです。人生始まって、字が読める様になってから30年くらい経つわけですが、その間にどれだけ本が読めたのでしょうか。また、趣味も10年単位で変わってます。基本的に熱しやすく冷めやすい気質もあり、働く時間を持たずに「生きる」だけならかなり楽に生きられる。

と思っていますが、本を読むのにも飽き、ゲームにも飽き、趣味も右から左へと流れていた結果、何をやっても面白くないという状態に陥る可能性は多々あると思っています。そのときは宗教に救いを求めるか、別な手段をとるしかないんじゃないでしょうか。家族持ちの方で、自分にやりたいことがなくて家族という他人に救いを求めている人も少なくないと思いますが、私も他人に救いを求めるようになるかもしれません。

最近仕事が暇なので余計なことばかり考えだして、こんなブログを始めたという経緯もありますから、あながちあり得ないことではありません。

それでも、忙しくてしたいこともできずに思考停止しているよりも、全てに飽きるほど人生を楽しんだ方が、どちらかといえばお得かと思います。
 ※お得感を煽った方が伝わるというのをどこかで読んだので実践

このブログはリタイア生活を目指すブログなので、ストレートに考えを述べましたが、世間一般的には、ゆうきさんの「ホンネの資産運用セミナー」の記事「早期リタイアより早期リタイア可能状態が理想」に書かれている、こういった状態が、中年~熟年(今も言うのか?)にとってはベストな状態なんでしょうね。

つまり、私生活以外で自分以外の誰かに必要とされている状態、つまり仕事を通じて他者のニーズを満たすことは、結構大切なことだと思う。しかも、世の中には仕事を通じてしか体験できないこと、仕事を通じてしか行けない場所がある。これらの経験は人生の幅を広げてくれる。
(中略)
そこで、やはり資産運用や個人ビジネスによる利潤で生活費を賄える状態にして、納得のいく仕事をやり続けるというのが理想なのではないかと思う。



仕事=趣味、本を読んだり他の趣味に精を出すよりも楽しい、という状態で、さらに嫌になったら辞めても良い、という状態は確かに理想的。ただ、リタイア出来る状態になると仕事のモチベーションが落ちるというのもあるんですけどね…。

結論としては、虫とり小僧さんと同じで、

そのリタイヤの日を早めたり遅めたり、ガチリタイヤではなくセミリタイヤにしてみたりと、多少の「幅」を自分に都合よくコントロールして、終わりあるこの人生をより楽しく生きるためにも、ある程度の思考実験と可能な範囲での準備はしておきたいなぁと、たまに考えたりしています。



金銭の余裕が将来の不確実性のヘッジになる。人生の選択肢が増えるのが豊かになるということだと思っています。中年男の妬みを爆発させるより、コツコツと資産形成をして、いろいろと思考実験してエンドルフィンを楽しみつつ、楽な方楽な方へと流れて行きたいです。もちろん管理人としては、早期リタイアを実現させるのが当面の目標ですが。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: http://blog.livedoor.jp/mushoku2006/

>mushoku2006さん

mushokuさんはリタイア前にかなり考えられていたように見えますが…。
毎日楽しそうだということは伝わってきます。


>多分、そんなに他人は自分のことを気にしていませんし、
>私もそれほど他人のことを考えません。

外聞については割り切れると思います。
自分自身をどうコントロールできるかのほうが心配と言えば心配です。お金の方が今のところ不安ですが。

Re: してみると・・・

>バネさん

セミリタイア経験者の貴重なご意見、ありがとうございます!
バネさんはブログを読んでいても充実されているのがよくわかります。羨ましい…。

http://blog.livedoor.jp/mushoku2006/

あまり色々と考えることなく完全リタイアしちゃって、
そのまま小難しいことは考えず、
まると7年過ごしていますが、
このままのほほんと完全リタイア生活を送ると思います。

多分、そんなに他人は自分のことを気にしていませんし、
私もそれほど他人のことを考えません。

してみると・・・

セミリタイアしてみると、どうってことないですね。
やることもたくさんありますし、読書、ネット、趣味、子供と遊ぶので暇なしです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。