記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

辞めどき

あれやこれやとリタイア後の妄想をしている成為です。

精神的なものについては、「セミリタイアとかしてみたいんです」で書いたとおり、飛び込んでみないとわからない部分が大きいですが、なんとかなるんじゃないかと楽観しています。ぼおっとしたり本読んだりゲームしたりネット見たり、時間ができたらやりたいこともそこそこありますし、私はフルリタイアよりもセミリタイアを考えているので、バイトをしていたら人間関係の刺激にもなると思っています。

資金についてはこれまでいろいろと試算してきました(※リタイア・シミュレーショまとめ参照)。前にも書いていますが、生活費を切り詰めれば完全リタイアでもなんとかなるくらいの資金は貯まっています。資産が20%減少するようなリーマン・ショック級の経済危機が2年連続が起こったら厳しいですが。
らいくむさんの「人生の暇つぶし」で、「リタイア可能になったあとの仕事へのモチベーション」というエントリがありました。

かく言う私もダメなおっさんサラリーマンになりつつあります。
仕事にも飽きてきて、首になることはない、あるいはもうリタイア可能という状態ではなかなかモチベーションを維持できません。



似たような心境になってきています。

私は30代はじめくらいまでは仕事が楽しいと感じたことも多々ありました。忙しいとあまり余計なことを考えないから、というのも大きいです。転職を考えだしたのも暇な部署かつ異動したくないと何度も断っていた部署に異動になってからですし、このブログを始めたのも同じような状況になったからです。

20代後半~30代前半くらいまでは、40歳より上の人を見ていて、将来こんな風になったら嫌だなと思っていたのですが、いままさに若手からそういう風に見られるような仕事しかしていません。申し訳ないという気がありますが、「この会社にいてもあと数年だから見逃してくれ」というのが正直な気持ちです。

転職した理由は、給与面もありましたが将来ああいう風になりたくないけどこのまま行くとそうなるというのが見えたから、というのがあります。その時の気持ちはどこかへ消え失せました。これが老いなのか、あるいは自分というものをより客観的に見ることができるようになったからなのか、自分の気持ちに素直になったからなのか。

特にリタイア時期は決めていません。氷点下にある水に衝撃を与えると一気に凍るように、衝動的に決めてしまうような、それくらいの心境です。株価が高い時に決断するのは明らかに資産効果の影響があるというのと、今後の資産運用のスタート地点として適当でない気がするので、次に株価暴落があり、かつそれでも耐えられると判断できたときが辞めどきだと思っています。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>minatoさん


>いざとなればいつでもセミリタイヤ生活に入れる今の状況が一番良いのかも
>しれないですね。

でも仕事のモチベーションはもうゼロよ!状態なのです…。

>自分もまさにこんな感じです。ただし、本当に辞めたら今後のライフプランを大幅に
>見直さなければなりませんが(´・ω・`)

それはまだ辞めどきではなさそうですね…。

いざとなればいつでもセミリタイヤ生活に入れる今の状況が一番良いのかも
しれないですね。

>氷点下にある水に衝撃を与えると一気に凍るように、衝動的に決めてしまうような

自分もまさにこんな感じです。ただし、本当に辞めたら今後のライフプランを大幅に
見直さなければなりませんが(´・ω・`)

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。