記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

労働人生からの出口戦略(2013年7月版)

これまで何度となく、アーリーセミリタイアに向けて今後どうしたいかをなんとなく書いて来ました。一部ぼかしているところはありますが嘘偽りない本当の気持ちです。

このブログを初めてすぐの頃、「2013/3時点のアーリーリタイアへの道現状」という記事で、こう書いていました。

ブログのタイトルにも関係してきますが、生きていく上で最低限必要な分は貯めておいて、セミリタイア後は、働いた分を遊興費に使おうと考えています。ですので、私が目指しているのは全く働かないフルリタイアではなく、ある程度労働も残すセミリタイアです。

具体的なことはまた別に書こうと思っています。現時点では、かなり切り詰めればセミリタイアできるんじゃないかと思えるくらいですが、かなりリスキーなのでもう少し働こうという状況です。


ブログを始めた当初の考えはこんな感じでした。
が、4ヶ月近くブログを書いてきて、幸いなことに色々な方からのコメントもいただけて、早期リタイアに向けた考えがだんだんとまとまってきました。
ここで一つ、某アメリカ人ブロガーにならって、「今後はこうしたい」というのをまとめ、決意表明としたいと思います。基本的には、現在の会社を辞めるところから死ぬまでを4ステージに分けて、それぞれのステージの方針、収入のターゲット、資産額ベンチマークを考えました。ターゲット・ベンチマークは現在価値で、インフレ考慮前の数字です(実際にその時期が来たらインフレで調整すべき)。いずれにせよ、大体の数字なので細かい計算は合っていません。ステージの終わりで帳尻があっていれば良いという考え方です。

決意表明といっても、どんどん更新しますけどね。ツッコミ、ご意見大歓迎です。


労働人生からの出口戦略


セミリタイアまで

<基本方針>
  • リタイアまでに貯める目標資産額に到達次第、現在の仕事を辞める。目標としては、1年9ヶ月以内(2015年4月)。(目標金額は秘密。シミュレーションで安全側に出した金額)
  • 仕事を辞めた後、失業給付金をもらっている間に、独学or職業訓練or教育訓練給付で、独立して仕事しやすいスキルをある程度身に付ける(努力目標)。
  • 失業保険が切れたら、上記スキルを使うフルタイム労働で実績をつくる。できれば雇用保険に入っているところ。就職できなければその時点でセミリタイア。就職出来れば1~2年目処でセミリタイア。

<収入のターゲット>
  • 失業手当 : 60万円
  • 給与 : 月15万円
  • 雑所得(アフィリ・ブログライティングなど) : 月5000円
  • 配当・金利所得 : 月3万円→再投資
  • 仕事を辞めてからセミリタイアまでは、資金取り崩しを行わない。

<支出のターゲット> ※算出基準はこちら
  • 基礎生活費 : 年間140万円
  • 遊興費(教養・娯楽、交際費、旅費) : 年間60万円

<資産額ベンチマーク>
  • 現在の仕事を辞めた時点の資産額を維持か微増


セミリタイア後~60歳まで

<基本方針>
  • 上記スキルで個人事業and/orバイト等である程度お金を稼ぐ。
  • 定期的に住処を変える。時折海外長期滞在もあるが基本は日本に住所を置いておく。

<収入のターゲット>
  • 給与・事業所得 : 月4万円
  • 雑所得 : 月5000円
  • 配当・金利所得 : 月3万円
  • 資産の取り崩し : 年間100万円

<支出のターゲット>
  • 基礎生活費 : 年間140万円
  • 遊興費(教養・娯楽、交際費、旅費) : 年間50万円

<資産額ベンチマーク>
  • 60歳時点で3000万円。ベンチマークを下回るようであれば労働所得を増やす。


60歳~70歳(or公的年金開始年齢)

<基本方針>
  • 確定拠出年金受給と一部個人事業orバイトで資金の目減りを最小限に抑える。
  • お金に余裕があれば(60歳時点で3500万円)完全リタイア。

<収入のターゲット>
  • 確定拠出年金 : 年間30万円
  • 給与・事業所得 : 月2.5万円
  • 雑所得 : 月5000円
  • 配当・金利所得 : 月2万円
  • 資産の取り崩し : 年間100万円(完全リタイアの場合は130万円)

<支出のターゲット>
  • 基礎生活費 : 年間140万円
  • 遊興費(教養・娯楽、交際費、旅費) : 年間50万円

<資産額ベンチマーク>
  • 70歳時点で2000万円。


70歳(or公的年金開始年齢)~寿命

<基本方針>
  • 500万円程度で中古マンションを購入。
  • 公的年金と資産取り崩しで暮らす。
  • 資金に余裕があれば老人ホーム等への入居を検討する。

<収入のターゲット>
  • 公的年金 : 年間100万円
  • 配当・金利所得 : 月1.5万円
  • 資金取り崩し : 年間50万円

<支出のターゲット>
  • 基礎生活費 : 年間140万円
  • 遊興費(教養・娯楽、交際費、旅費) : 年間30万円

<資産額ベンチマーク>
  • 80歳(男の平均寿命)で1000万円


危機対応プラン

100年に1回のリーマンショック級の資産価値大暴落が連続して起こったり、公的年金の大幅減額等があり、セミリタイア生活の存続が危機に陥った場合のコンティンジェンシー。
  • 労働所得を増やす。
  • 実家に帰る(実家がまだあれば)or家賃が安いところに引越しして支出を減らす。



↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>モカヲさん

完全に金銭面と自分のしたいこと(いろいろな仕事をちょっとずつ齧ってみたい)という側面しか書いていませんね。社会とのつながりについては、確かにあまり重要視していないです。実際その場になってみないとわからないことかなあと。

初めまして。モカヲと申します。
最近よく拝見させていただいております。

私も早期リタイヤを目論んでいるんですが、いかんせん実現性は高くありません。
しかし成為さんはとても緻密に計算されており、勉強になります!

また、私も完全リタイヤではなく、多少働くセミリタイヤ型を取ろうと思うのですが、
成為さんと異なるのは、社会とのつながりを完全に絶つのが怖い、というのがあります・・・

なんだかボケちゃいそうなので(笑)

Re: タイトルなし

本文中のリンク先の「リタイア後の生活費試算」で書きましたが、国民年金は免除、国民健康保険料は減免なしでほぼ最低基準を想定しています。

海外ETFを持ち続けると雑所得で33万円を超えそうなので国内ETFへの移管を考えていますが、マイナンバーになって変わるかもしれないので、悩んでいるところです。

会社を辞めた後の国民年金と健康保険料については、どうお考えでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。