記事一覧

リタイアに必要な資金の検証:45歳独身で5000万円?

これまで、アーリーリタイアをする際に必要な金融資産額の計算方法をいくつか紹介して来ました。

1.ACR(アセット・コスト・レシオ)
2.線形シミュレーション(ハッピーリタイア計算ツールver1.0)
3.ランダム・シミュレーション(FIRECalc、リタイア計算ツール2(仮))
4.取り崩し率

これらの手法を用いて、ある仮定を置いたときに実際に必要な金融資産を算出してみようと思います。そのものずばりという答えはこれまで書いていませんでしたし、算出手法の違いがよくわかるかと思います。

第1回目は45歳独身の節制型完全リタイアです。
以下の前提を置いた場合に、45歳時点で最低限いくら資産があれば、私としてリタイアに踏み切れるかを計算してみました。

・45歳独身
・女性の平均余命まで生き延びる(平成21年度で42.44歳なので87歳まで)
・年間支出額は150万円(賃貸の場合は賃料、持ち家の場合は修繕費が含まれる)
・インフレ率は2%想定(消費税分についてはリタイア年に10%上昇)
・インフレ率と同等の資産運用を目指す
・年金は70歳から年間100万円受給(マクロ経済スライドは-1.5%)
・リタイア後は特にお金をかせがない

基礎生活費については、私は145万円と計算しています。これだけあれば、エクストリームな節約をしなくても暮らしていけるという考えです。

結果だけ先に書くと、以下のとおりです。
1.ACR : 6,450万円(年金を完全に当てにすると4,750万円)
2.線形シミュレーション : 5,800万円
3.ランダム・シミュレーション : 6,400万円
4.取り崩し率(3%) : 5,000万円

1.ACR(アセット・コスト・レシオ)


ACRは高等遊民の備忘録(高等遊民さん)で紹介されていた、リタイア可否の単純な判定法です。

・ACR = 資産額 / 年間支出額
・ACR > 平均余命 であればリタイア可

というもの。単純かつ直感的でわかりやすい計算方法だと思います。

さて、資産額を A とすると、

 ACR = X ÷ 150万円
 ACR > 42.44 ≒ 43
 A ÷ 150万円 > 43
 A > 43 x 150万円 = 6,450万円

となります。もし年金を当てにするのであれば、70歳から87歳まで1700万円もらえるので、

 X > 6,450万円 - 1,700万円 = 4,750万円

とも考えられます。ただ、消費税によるインフレ分については考慮できないので、この金額でリタイアには踏みきりがたいですね。


2.線形シミュレーション


上記前提で、ハッピーリタイア計算ツールで計算してみました。


資産は5800万円あると、87歳まで生き延びられるようです。その際のACRは39.3と、43より小さくなります。年金が考慮されているため、70歳から資産の下落カーブが緩やかになっているお陰です。


3.ランダム・シミューレション


ランダム・シミュレーションをするためには、期待リターン(ここでは=インフレ率)と同時にリスク(標準偏差)を調べなければいけません。

ファンドの海 | アセット・アロケーション分析
 →リターン2%の時の効率性フロンティアをみると、リスクは6%くらいか

myIndex 資産配分ツール
 →リターン2.1%の時、リスクは1.7%(現金50%、日本債券40%、先進国債券7%、先進国株3%のとき)

うーん、だいぶ違いますね…。
堅めの予想をするために、ファインドの海の2%-6%を採用して計算してみます。まだ公開していませんが、ランダム・シミュレーションツール「ハッピーリタイア計算ツール2ダッシュターボ(仮)」を使いました。

45歳独身節制型完全リタイア

黒い線が、一番起こりそうな運用結果(リターンの最頻値)を表す線です。
いちばん起こりそうな運用結果での資産がマイナスになるのが87歳と設定して調べてみると、6400万円という数字が出ました。この場合、80歳時点で資産がマイナスにならない確率は83%で、一番起こりそうな運用結果は1379万円でした。ACRで計算した結果とほとんど同じになるのは面白いですね。


4.取り崩し率


取り崩し率については、「運用資産の取り崩し方(1)取り崩し率とは」をご参照ください。簡単に言うと、毎年資産の何%を取り崩していけばリタイア生活が破綻せずに送れるか、というもの。直感的には、配当が何%のポートフォリオであれば配当だけで暮らしていけるか、と考えるとわかりやすいと思います。アメリカでは4%とも言われていますが、少なくとも日本だとこの取り崩し率は高すぎるように思われます。

ybさんのブログ「Passiveな投資とActiveな未来」の「ファイナンシャル・インディペンデンスまでの距離」という記事で、以下のように書かれていました。

一方で、以前のエントリーにおいて、ゴールのイメージとして、運用資産残高の3%が年間支出とバランスが取れたときと数値的に示してもいます。

この3%という数字はいわゆるリタイア後の資産の引き出しルールでよく引き合いに出される数字で、運用会社の米Vanguardなどもこの数字を目安としてしばしば用いています。

この数字が個々人の将来において結果的に正しいルールであったかどうかは未確定な部分が多いので今の時点ではわかりませんが、運用を継続しながら引き出しをするという状況を考えたとき、まあ理にかなっている数字かなと思いますので、この数字を用いるとします。
(中略)
支出代替率=(運用資産残高×3%)÷(年間支出)=54%

となりました。
ファイナンシャル・インディペンデンスの状態は支出代替率が100%以上の状態と考えていますので、まだ道半ばといったところ。


ybさんはまた、「資産運用の目標額ってどれくらい?」という記事で、「この目標が達成出来れば、資産は恐らく50年近く枯渇しないと言われています」と書かれています。妥当な取り崩し率についてはまだ私は勉強不足でよく分からないのですが、今回は、この3%という数字と、支出代替率が100%以上というのを使用して計算してみます。

必要資産額を A とすると、

0.03A ÷ 150万円 > 1
A > 150万円 ÷ 0.03 = 5,000万円

これまでの中で一番低い数字が出ましたね。年金についてはまったく考慮していませんが。


まとめ


もう一度、それぞれの手法で出した必要な早期リタイア資金をまとめてみます。

1.ACR : 6,450万円(年金を完全にあてにすると4,750万円)
2.線形シミュレーション : 5,800万円
3.ランダム・シミュレーション : 6,400万円
4.取り崩し率(3%) : 5,000万円

年金とインフレの考慮でだいぶ変わってくるというイメージです。今回は税金については考えませんでしたが、税金についても考慮するともう少し金額は大きくなるでしょう。

ただ、完全リタイア前提ですので、いざとなれば再度働くなりなんなりしてお金を稼いだり、さらに節約に励んだりすれば良いわけです。ここから考えると、以前、「早期リタイアに必要な資金(3)」で述べた、

・45歳までに7000万円貯まったらその時点でリタイア
・45歳時点で5000万円貯まっていたら覚悟を決めてリタイア
・45歳時点までに5000万円貯まっていなかったら、5500万円貯まるまで労働を続ける


というのは、なかなか的を射ている指摘だったと思います。

個人個人で条件はかなり違うでしょうから、単純には使えないと思いますが、一つの指針として参考にしていただければと思います。


↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: リタイア10年目 53歳

>かなぶんさん

コメントありがとうございます。
なうほど、参考になります。私も同じような生活(旅行の頻度は低くなるかも)を考えています。不動産には手を出すつもりはないですが(面倒なので)、その分金融資産への投資で。

リタイア10年目 53歳

私は、40前後で資産5000万くらい作りました。
42歳から働いてません、ここ10年で4ヶ月間だけバイトしましたけど。
自宅に区分1つと、賃貸ボロ区分不動産を4つ買って貸してます、年収200万くらい、その中から納税などやって手取り月13~4万くらい。
毎年海外に3~4ヶ月間アジアに行ってるし(その間の生活費は、観光、交通費、飲み食い、泊まり入れて月10万~12万円程度で十分いけます)、日本もあちこちLCCや青春18切符などをフルに使って行ってます。
キャンプ大好きで、テント持参も多く、キャンプ場は1000円程度でだいたい泊まれるし、日本全国ゲストハウスで検索すれば沢山ありますよ(1泊2000円前後~)。

10年を振り返って、資産は減ってません、増えてもいません。不動産は売らない限り増えも減りもしない、もちろんたまにある修繕費はかかります、せいぜい、湯沸器やエアコン故障程度。
今まで10年分の生活費がタダで出たと思えばいい。
参考にしてください。

Re: No title

>バッタモンさん

そうですね、親の遺産もあてにできる人は考慮に入れた方がより正確ですね。ありがとうございます。
私自身があてにできないので全くの考慮の外にありました。追記します。

No title

親の遺産も計算に入れといたほうがいいですよ。
日本人は一人平均3500万円を残して死んでいくそうですから。

Re: タイトルなし

>zさん

完全リタイア、年間支出150万円だとこれが最低ラインだと思います。
ただ、もっと節約もできますし、アルバイトで働けば良いのでもっと少なくてもセミリタイアはできると思いますけどね。

「45歳時点で5000万円貯まっていたら覚悟を決めてリタイア」というのは,自分の試算と近いです。やはり最低ラインはこれくらいなのですかね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)