記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人生の終わりを意識すること

人生の終わりを具体的に意識するようになったのは、早期リタイアを検討し始めてからかも知れません。

リタイア後の生活費は、キャッシュ・フローベースではなくストックの切り崩しで賄うつもりですので、人生の終わりの点をえいやと定めて、そこから逆算でどれだけ資産ストックが必要なのかを計算しなければなりません。そうすると、否が応でも老後と人生の終わり=死を意識することになります。

インカム・ゲインが支出を上回るように設定してリタイアする場合は、そこまで死を意識しなくても良いのかもしれません。アーリーリタイアを計画する人で、資産取り崩し派よりもインカム・エクスペンス・バランス派が多いのは、もしかするとここに本質があるのかも。

平均寿命まで生きると仮定して80歳、だとか、100歳まで生きることができれば大往生だろ、とか、考えるのですが、もっと早く、若くして死ぬかもしれませんし、世界一のご長寿さんになる可能性も、他の国に住んでいる人に比べれば高いでしょう。
今はまだやりたいことがたくさんある(といっても、本を読みたいとか、ゲームをしたいとか、ぼーっとしていたいとかですが)ため、なるべく長く生きていたいという自分勝手な願望を持っています。とりあえず90まで生きるというつもりでいろいろと計算しています。そんな保証はどこにもないのですが。

人は生まれた瞬間から死に向かっているわけですが、死への道程を意識することは、これまでほとんどありませんでした。それこそ1999年7の月は私は結構怖かったですがw

若いうちは、仕事や恋愛が楽しいうちは、しがらみがあまりないうちは、別に人生の終わりなんて意識しなくても良かった。しかし、そこそこ年も取ってしがらみが増えてきてしまって、そのしがらみにしがみついて、適当に毎日をなんとか過ごすだけで精一杯になっていたような気がします。

早期リタイアについて考えて、初めて、具体的に人生の終わりを意識し、そこまでのロードマップを描き、自分の判断基準に自分というものを一番最初に置くようにできた。今、仕事はたいして面白いと感じられないのですが、ロードマップに則って自分の人生を一つ一つ築いている(主に、お金という形で)という実感はあります(なので、なんとか仕事を続けられている)。

中年に差し掛かってからはじめてこんなことを考えるなんてちょっと遅すぎという気もしますが、早期リタイアを検討することの一つの正の効用ですね。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。