記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

働き方がいろいろあって、みんないい・・・だったら良いのに

東洋経済の8/31号に、「職場のお荷物か?戦力か?ワーキングマザー」という記事が掲載されていました。

労働人口が減っていく日本では、結婚・出産を機に仕事を辞めていく傾向のある女性を活用していかなければならないが、どうすればよいか、という内容です。女性役員割合の国際比較で、日本は42カ国中38位、日本の下はバーレーン、UAE、カタール、サウジしかいないという状況。争うのはサッカーワールドカップの座か女性役員の割合か。

なお、日本の人口は順調に減っていて、8/28のニュースでは去年も26万人減っているみたいです。4年で70万人減少。

最初に「ワーママ」という言葉を見た時に、ぱっと思い浮かべたのが「ワーウルフ」の類か、という成為です。これについて語る資格はありませんので、女性に特化しないで考えようと思います。

ワーキングママのことを「ワーママ」、ワーキングパパのことを「ワーパパ」っていうみたいです、知りませんでした。では、働いてないパパやママのことはなんて言うんですかね。ニーパパ?ニーママ?働く単身はワーシン?
このワーママが働きやすいよう、各社がいろいろと対策を採っている中で、気になったのはアパレルのクロスカンパニー。「4時間正社員」「6時間正社員」というのを導入して、時短でも正社員という制度を採用しているそうです。

イギリスの人と仕事した時に、40代半ばくらいの男性で週3勤務という人がいました。正社員ですが、子どもとの時間を取るためにこういう働き方をしているという話でした。専門職の人なので可能な働き方なんだろうな、とその時は思っただけですが。

定年退職した後の嘱託みたいな形ではこういった時短勤務や週3勤務という話は聞きますが、若年からの働き方としてこいうものが選択できると、こんなに仕事辞めたい仕事辞めたいと思わなかったかもしれません。うちの会社では考える余地もありません。未だに事務職に男性がいない、という状況です。新卒採用で事務職希望の男性はいるみたいなのですが採用なし。働き方がまだ性で固定化されている。

週に2日か3日働いて、あとはお休み、って、私が目指すセミリタイアに近いのですが、リタイアではなく一般のキャリア形成で選べる、というのは今になっては羨ましいです。ただ、今その制度がうちの会社で採用されたとしても、手は上げないと思います。仕事の内容と人間関係が変質するのが容易に想像できますね。腫れ物に触るような対応になることでしょう。

やはり、当初計画どおり手に職つけてのバイトor自営orというのが、しばらくの間は現実的な選択肢となりそうです。あと5年くらいすると、劇的に変化していくんじゃないかという気もしますが、5年後とか10年後からまた再度しっかりと働くなんてあまり考えたくないです。

子育てする女性に焦点が当てられていますが、子育てしていてもしていなくても、男性でも女性でもいろいろな働き方が選べるようになることを祈っています(が、私が働いているうちには実現しそうもないので、後輩たちのために祈ります)。



↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。