記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

無職者が賃貸住宅を借りるための8つの選択肢 ~日本を信頼しないUR~

これまでにも何度か書いていますが、セミリタイア後は持ち家ではなく賃貸住宅を転々としたいと思っています。海外も含め、いろいろなところに少しずつ住んでみたいという考えからです。

ただ、ネットで調べていると、無職者がいかに住居を借りづらいのか、現状がだんだんとわかってきました。思えば、学生時代は寮でしたし、就職した直後も寮でしたので、無職時代に家を借りたことがありません。私は楽観的すぎるのでしょうか?

いわく、定職を持たないものが賃貸住宅を借りるには単純には借りられない。
・大家が信用しない
・保証人がいてもダメ
・保証会社の保証制度があっても、保証会社の審査が通らない

というようなことがあるそうです。ざっと検索で見た限りではそこそこ信ぴょう性が高そうです。しかし、たかだか月4万円くらいの家賃を払うのにこんなに厳しくチェックされるんでしょうか・・・。
とりあえず、仕事を辞めると社宅は出ざるを得ないので、有職中に引越し先を決めるのは必須ですが、その次をどうするかというのは考えておかなければなりません。

賃貸住宅を借りる際の対策としては、次のことが考えられます。


1.保証人を立てる


これは有職時でもマストか。親に依頼するつもりですが年金生活者でも良いのでしょうか。あるいは親が亡くなって頼れる人がいない時はどうするのか、結構不安です。保証会社が使えないとなると結構厳しいですね。カードみたいにクレジット・ヒストリーがきちんとしていればなんとかなるのであれば良いのですが。


2.預金証明・確定申告書(課税証明)の提示


資産がいくらあっても信用されなければダメですが、定期収入がない場合の拠り所は資産額だけです。今は定期預金金利が低いので、定期預金はあまりないのですが、それでも何もないよりは信頼感は上がりそうです。確定申告については、ほとんど収入がない感じのものになることからあまり意味はなさそうです。


3.家賃の先払い・保証金の預入


半年ないし1年分の家賃先払いを申し出れば、信用の問題は解決できると思うのですが、必ずしも上手くいくとは限らないようです。また、数カ月分の家賃を保証金として最初に預けておくという手もあるようですが、これも大家・不動産会社によるようです。支払った分の期間より早く出るときにちゃんと返してくれるのであれば1年くらいの先払いでも問題ないので、これは交渉時に使おうと思っています。


4.無職者でも借りやすい賃貸住宅にする


具体的には、UR都市機構やレオパレス21は、定期収入がなくても預貯金額があったり家賃の先払いをしたりすれば借りられるようです。

例えば、UR都市機構はこんな感じ↓

”申込本人の毎月の平均収入額<注6>が基準月収額(家賃の4倍または33万円。ただし家賃の額が20万円を超える住宅に付いては40万円)以上である方、または貯蓄額<注7>が基準貯蓄額<注8><注9>以上ある方”
http://www.ur-net.go.jp/tebiki/a-license.html


基準貯蓄額は家賃の100倍です。家賃4万円なら400万円。ただし、少し裏があって、

”申込資格のうち、収入等要件は、貯蓄が基準貯蓄額以上あれば無収入でも申込可能とのことですが、貯蓄に株式や外貨預金は含まれますか?
回答
収入等要件を貯蓄額で満たされるお客様は、資格確認の際、金融機関または郵便局発行の残高証明書(発行後7日以内)をご提出いただきます(預貯金通帳の写しは不可)。
なお、金融機関または郵便局の商品の全てを貯蓄額として認めているわけではなく、預貯金の合計のみを貯蓄とし、次にあげる「貯蓄の対象外となるもの」は貯蓄に加算できませんのでご了承ください。

■貯蓄の対象外となるもの
株式・社債・投資信託・外債・外貨預金・国債等の公共債(当機構発行の特別住宅債権・宅地債券は除く)・金融債”
http://www.ur-net.go.jp/mail/qa2.html


株式はともかく、国債がダメというのはなぜなんでしょうね?UR都市機構は日本政府を信用していないのでしょうか。流動性の問題か?まあ、これは見せ金としての一瞬だけ貯金を作れば良い話ですが。

ただ、私が退職後最初に住みたいと思っている地域には単身向けの安い物件はほとんどなく、みんな予算を超過しているようなものしかありません。地域によっては使えるかと思います。


5.ゲストハウス・シェアハウスに住む


家電・家具が揃っているので、私みたいな引っ越しを繰り返したいと考えている人にとっては都合が良い存在です。しかし、ここも厳しくはないとはいえ審査があるようなので、必ずしも住めるとは限らないのが悩ましいところです。

それ以上に悩ましいのが、共同生活を長期間にわたって行うストレスに耐えられるかというところ。大学時代に寮生活をしていたので共同生活自体に拒否感はないのですが、こればかりは実際にやってみないとわからないところがあります。問題があってもすぐに環境を変えられるのは良いですね。

また、観光地には多いので、そういうところに長期的ではなく中期的に住むときには便利そうです。


6.実家に帰る


親が生きているうちは、この選択肢がフェールセーフ。


7.海外に行く


海外ではデポジットを数ヶ月分入れれば問題なく借りられるようです。海外のゲストハウス住まいというのも、少しだけならやってみたいとは思っています。海外暮らしでリセットして、また改めて日本で住居を探すという選択肢は悪くないと思います。


8.住宅を購入する


若いうち(60前)はその意思はありませんが、定住したい場所が見つかって、さらに賃貸住宅がどうしても借りられない場合には、中古住宅購入も考えるつもりです。60前を「若い」という感覚がすこしおかしいかもしれません。


と、バラバラと思いつくままに書いてみました。
そりゃ、退職後の私のような無収入だしやる気のないような店子は欲しくない大家さんが多いのはしょうがないですが、なんとか信用してもらえるようせいぜい身なりは整えておきたいと思います。

ほかにも何かあれば教えていただけると嬉しいです。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: No title

>バネさん

そういうものがあれば積極的に利用していきたいです!

No title

自分のやっている方法ですが、2年間の定期借家というのがあります。

Re: タイトルなし

>Kotaroさん

わざわざ!ありがとうございます。
なるほど、元本割れリスクがダメなんですね。となると、仕組預金とかもダメそうですね。むしろ個人向け国債は大丈夫かもしれません。

どうして国債は貯蓄として認められないのか、URに問い合わせてみました。回答は、
「満期まで持てば元本保証されるが、中途換金すると元本割れする可能性があるため貯蓄としてふさわしくない」
とのことでした。少しでも元本割れリスクのあるものはダメみたいです。

Re: タイトルなし

>名無し3さん

貸す側借りる側お互いに不幸な関係ですね。
借りれなければ、URやゲストハウスみたいな審査がゆるいところを探すしかなさそうですね、現状では。10年ごには状況が変わっていると良いのですが。

Re: http://blog.livedoor.jp/mushoku2006/

>mushoku2006さん

やはり一度入られてしまうと借りた側有利という現在の規制がネックなんですね。貸す側にとっても無職でもまじめに家賃をいれる借りてにとっても不幸、家賃を支払わない人だけが有利になる規制はなんとかしてほしいと思いました。

普通賃貸って借家人有利なんでしょ?家賃納めなてくれなくても追い出すには結構手間かかるとかなんかで聞いた事ある。
もし俺が家主なら無職や住所不定の人間には貸さないと思う。

http://blog.livedoor.jp/mushoku2006/

私も大家の立場で考えてみたんですが、
(将来このアパートを相続する予定なので、他人事ではない)
無職の人に普通に貸せるかなあ?
友人知人であればともかく、難しいと思います。

保証人はmustですが、
その保証人さんの属性を調べ、面談くらいしないと、
信用できるとは思えない。

2年契約(期限付き)の全額前払いでもどうか?といったところ。
確実に2年後出てもらえるとは限らないし・・・・・・。
10年分であれば、半ば売ったも同然なので、OKすると思いますが。
実際には、
その時点でのアパートの状況(老朽化の度合い、お客の入り具合)を勘案して、
決めることになると思います。


Re: タイトルなし

>バネさん

無職で保証会社使えるんでしょうか?それなら良いのですが…。2年契約(期限付き)で全額前払いとかでもないですかね。中途解約でも残った分を返してもらえるのなら問題ないのですが。

キャンピングカーは憧れもありますが、車の運転をしたくないんですよね。

Re: URは保証人がいらない

>消費しないピノキオさん

無職だと家賃保証会社の審査も通りにくいんじゃないでしょうかね。クレジット・ヒストリーが良ければ大丈夫なのでしょうか。使えるなら使いたいのですが、無職だと無理ならしょうがないですし。

大家の立場から見れば、統計的な傾向で判断するのは当然なんですよね。借りてしまえばこっちのものみたいなのがあるからでししょうけれど。

Re: タイトルなし

>名無し2さん

> ビジネスホテルで暮らすっていうのは、冗談抜きで意外とありなのかも? と最近考えています。

手軽なサービスアパートメントみたいなイメージですよね。掃除が定期的に入って、食事もついてくるのは楽ですね。私は基本1日1食で良いので、食費も込みだと考えられますし。

ホテル暮らしをしている人も多いですし。ただ、持ち家で住所を確保しているんでしょうけど・・・。

私は住環境はそんなに重視しないのでどこでも良いので、値段次第ですね。月10万円を切れば考えても良いと思います。

Re: タイトルなし

>名無し1さん

> 賃貸は魅力的ですが、無職なだけでも借りにくいのに、そこに(将来的に)50~60overの独居老人ともなると、まず貸してくれるとこはないかも知れません。
> そう考えると、いずれは「定住」も視野に入れなければ、と思案中です。

私も賛成です。理想はずっと賃貸暮らしですが、現実と折り合いを付ける必要はありますからね。

自分が大家の立場だと、無職はOKしないと思います。
保証人と保証会社両方をお願いするかも。
各地をキャンピングカーで生活なんてどうですか?

URは保証人がいらない

そこをアピールしてますよね
家賃保証会社も使わないから与信の悪い人が結構集まってきます
敷金3ヶ月とか基準貯蓄とか、ちょっとしたハードルを設けています
私の経験上 前居住地がURの人の場合 結構、慎重に審査しています

ビジネスホテルで暮らすっていうのは、冗談抜きで意外とありなのかも? と最近考えています。
http://www.superhotel.co.jp/otoku/long.html
http://www.hotespa.net/DormyInn/campaign/inn_monthly/

こんにちは。
賃貸は魅力的ですが、無職なだけでも借りにくいのに、そこに(将来的に)50~60overの独居老人ともなると、まず貸してくれるとこはないかも知れません。
そう考えると、いずれは「定住」も視野に入れなければ、と思案中です。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。