記事一覧

逃げ切り計算機がインフレ率計算に対応

以前このブログでも紹介しましたが、シンプルで素晴らしいリタイア計算機の「逃げ切り計算機」でインフレ率の計算もできるようになっていました。

年間インフレ率の入力と、受給年額のインフレ連動する/しないが選べるようになっています。

今ある貯金だけで生き延びていこうとした場合、貯金が何歳まで保つかを試算します。

現在の年齢: 歳
現在の貯金額: 万円
年間利息: %
年金支給開始までの年間支出額: 万円
年金受給開始後からの年間支出額: 万円
年金受給開始年齢: 歳
受給年金の月額: 万円
年間インフレ率: %
受給年金額のインフレ連動: する しない



では試しに、また成為さんに登場してもらいましょう。
リタイアに必要な資金の検証:45歳独身で5000万円?」で4つの手段を使って検証した前提を使ってみます。

・45歳独身
・女性の平均余命まで生き延びる(平成21年度で42.44歳なので87歳まで)
・年間支出額は150万円(賃貸の場合は賃料、持ち家の場合は修繕費が含まれる)
・インフレ率は2%想定(消費税分についてはリタイア年に10%上昇)
・インフレ率と同等の資産運用を目指す
・年金は70歳から年間100万円受給(マクロ経済スライドは-1.5%)

受給年金額のインフレ連動は、2-1.5%=0.5%ずつ毎年増える計算になるはずですが、ここでは堅めに「連動しない」を選ぶことにします。
(参考)早期リタイアに必要な資金(3の補足):年金マクロ経済スライド調整

当初貯金額は、取り崩し率で計算した5000万円にしてみます。消費税分インフレは考慮しません。

さて、では上の前提をもとに入力していきます。極めてシンプルで解りやすく設計されているので簡単です。

現在の年齢: 45歳
現在の貯金額: 5000万円
年間利息: 2%
年金支給開始までの年間支出額: 150万円
年金受給開始後からの年間支出額: 150万円
年金受給開始年齢: 70歳
受給年金の月額: 8.5万円
年間インフレ率: 2%
受給年金額のインフレ連動: しない

これで、「試算する」ボタンを押すとこのような結果が表示されます。

現在の年齢45歳
現在の貯蓄額5000万円
年間利息2%
年金支給開始までの年間支出額140万円
年金受給開始後からの年間支出額140万円
年金受給開始年齢70歳
受給年金の月額8.5万円
年間インフレ率2%
受給年金額のインフレ連動「しない」
の条件でシミュレートします。
=>(利息100 支出140)=>46歳で4960万円=>(利息80 支出142)=>47歳で4897万円=>(利息80 支出145)=>48歳で4831万円=>(利息80 支出148)=>49歳で4762万円=>(利息80 支出151)=>50歳で4691万円=>(利息80 支出154)=>51歳で4616万円=>(利息80 支出157)=>52歳で4539万円=>(利息80 支出160)=>53歳で4458万円=>(利息80 支出164)=>54歳で4374万円=>(利息80 支出167)=>55歳で4287万円=>(利息80 支出170)=>56歳で4196万円=>(利息80 支出174)=>57歳で4102万円=>(利息80 支出177)=>58歳で4004万円=>(利息80 支出181)=>59歳で3903万円=>(利息60 支出184)=>60歳で3778万円=>(利息60 支出188)=>61歳で3650万円=>(利息60 支出192)=>62歳で3518万円=>(利息60 支出196)=>63歳で3382万円=>(利息60 支出199)=>64歳で3242万円=>(利息60 支出203)=>65歳で3098万円=>(利息60 支出208)=>66歳で2950万円=>(利息40 支出212)=>67歳で2778万円=>(利息40 支出216)=>68歳で2601万円=>(利息40 支出220)=>69歳で2420万円=>(利息40 支出225)=>70歳で2235万円【年金受給開始】=>(利息40 支出229 年金102)=>71歳で2148万円=>(利息40 支出234 年金102)=>72歳で2055万円=>(利息40 支出238 年金102)=>73歳で1958万円=>(利息20 支出243 年金102)=>74歳で1837万円=>(利息20 支出248 年金102)=>75歳で1710万円=>(利息20 支出253 年金102)=>76歳で1578万円=>(利息20 支出258 年金102)=>77歳で1442万円=>(利息20 支出263 年金102)=>78歳で1300万円=>(利息20 支出269 年金102)=>79歳で1153万円=>(利息20 支出274 年金102)=>80歳で1000万円=>(利息20 支出279 年金102)=>81歳で842万円=>(利息0 支出285 年金102)=>82歳で659万円=>(利息0 支出291 年金102)=>83歳で469万円=>(利息0 支出297 年金102)=>84歳で274万円=>(利息0 支出303 年金102)=>85歳で73万円=>(利息0 支出309 年金102)=>86歳で-133万円試算の結果、あなたは、85歳までは生きられそうです


インフレの影響で支出がみるみるうちに伸びているのがすぐわかります。目標は女性の平均余命である87歳まで生きることですので、ちょっと足りない感じですが、取り崩し率で計算した必要し金額がほぼ検証されていると思います。少しだけ危険側。

いろいろと早期リタイアに必要な資産額の計算方法を紹介してきましたが、非常にシンプルな設計でわかりやすいシステムなので、アーリーリタイアをを考えたらまず使ってみるのが吉かと。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: No title

>クロスパールさん

お手軽なのでぜひぜひ。

No title

「逃げ切り計算機」いいですね!早速試してみたいと思います。^^

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)