記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

早期リタイア者の確定拠出年金

確定拠出年金(いわゆる日本版401k)の掛金上限が引き上げられるかもしれないとの報道が日経新聞に掲載されていました。

(参考)
確定拠出型年金(日本版401K)の掛金上限の引き上げが2014年度税制改正要望へ確定拠出型年金(日本版401K)の掛金上限の引き上げが2014年度税制改正要望へ(ホンネの資産運用セミナー)
確定拠出年金 掛け金上げの情報あり(cubの日記)

もしこれが実現すれば、一般的な所得がある人であれば、支払い時には所得税の社会保険料控除ができる額が増えるということで、利便性は高まることになります。受け取る時も退職所得ないし公的年金控除が使えるので有利です。

ただ、早期リタイアをして所得が少なくなった人にとってはどうかと考えてみます。
・収入がほとんどない状態では、所得税はほとんど支払わないでしょうから社会保険料控除があってもあまり税額という意味では効果が薄い
・国民年金支払が免除ないし一部免除になっていると、確定拠出年金の拠出はできない(やりたければ国民年金はフルで支払う必要あり)
・年金として受け取る際に、国民年金に上乗せされるため公的年金控除の枠が足りなくなる可能性がある
・国民健康保険料(税)計算の基礎から確定拠出年金の拠出額は控除できない(旧ただし書き方式の場合)

なかなかデメリットもありますね。一番下の国民健保料からの控除ができればメリットが結構大きいのかなとも思うのですが、これができない(ほとんどの自治体で不可)のが痛い。401kに入るためには国民年金もフルで支払わなければならないので、月々の支出がかなり増えることになります。

長生きリスク(という言葉には違和感あるが)に対応する必要があればリタイア後も国民年金+確定拠出年金を続けるのもありかとも思っていますが、日々の支出を減らすというメリットとの比較でしょうね。国民年金が全額免除にならないような収入がある年は、国民年金全額支払い+確定拠出年金支払をする、という感じで考えています。

(関連記事)
確定拠出年金(401k)の頭の痛い問題
確定拠出年金(401k)にまつわる女性社員との会話

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>とまさん

コメントありがとうございます。
小規模企業共済というのは知りませんでした。サイトを見ましたが、予定利率が1%、20年以内だと掛金減額ということで、ちょっと微妙かも…。20年払ったら60を超えてしまいますのでw 若い方なら良いかもしれませんね。

はじめまして
いつも更新楽しみにしています

私は不動産所得があるのですが
年金免除+小規模企業共済でいこうと思います

確定拠出型年金は年金免除できないですよね
でも小規模企業共済は大丈夫だと思うので

いざという時借入もできますし

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。