記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「プア充」は「労働と余暇のトレードオフ」の現代日本版アレンジ(1)

「プア充」という言葉を最近見ましたが、今ひとつ定義がよく分かりません。リア充はリアルが(主に異性方面で)充実と理解していますが、「プア充」はお金はないけど人生は充実ということらしいです。

まず、「年収300万円」がプアかどうかという点も突っ込みやすいのですが、それは置いておいて、考え方として。言っていることは前向きだとわかるのですが、なんか「アメリカ大陸の発見」みたいな感じですね。もとからある考え方に受けそうな名前をつけたものでしょう。

ずいぶん昔に学んだミクロ経済学の基礎に、「労働と余暇のトレードオフ」というのがあります。労働を増やせば賃金が増えるが余暇が減る、逆に労働を減らせば賃金は減るが余暇は増えるというものです。

「労働と余暇のトレードオフ」のセットで出てくるのが、ある個人の余暇と消費の組み合わせの効用曲線です。消費を1単位増やすために余暇をいくら減らしても幸福度が変わらないか、ということを考えます。

最初「プア充」と聞いた時、ぱっと思いついたのがこの「労働と余暇のトレードオフ」でした。ネットで少し調べた限りでは、この「プア充」は「労働と余暇のトレードオフ」の現代日本風アレンジのようです。

そこそこ働いて、(比較的)低収入だけれども余暇を充実させる、余暇を充実させる手段に最近はお金がかからないから可能になった、という主張が「プア充」だと理解しました(間違っていたら教えて下さい)。だとすると、このミクロ経済学の基礎の基礎で出てくる考え方とほとんど違いがない。余暇を充実させる手段が安価になったということろが違いのように思えますが、「余暇と消費のトレードオフ」で説明出来ますしね…。

でも、「プア充」という言葉が生まれたことによって救われる人もいるんじゃないかと思います。他人と比べて低収入ということがイコール不幸せである、と思い込んでいる人がこの言葉を聞いて「ウォーター!」と気付きあったとすれば、その意味では「プア充」という言葉に価値があると思います。

次回は「労働と余暇のトレードオフ」モデルで「プア充」を説明しようと思います。

※「ウォーター」については↓参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E4%BA%BA

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: No title

>らいくむさん

そうですね、レジャーの範囲がネットの普及とともに急速に拡大した感じですね。われわれにとっても非常にありがたいことです。

社会学者もこうやって目立って本を出さないと生活が苦しいんでしょうかね。

No title

昔も食事は自炊、趣味は図書館通いのプア充はいたのだと思います。

それが近年ではLCCで海外に安く行けるし、コンビニでも美味しいスイーツが買えるし、ファッションも安く楽しめるしで、おっしゃるように基本的な生活以外の部分でのコストが安くなったことでプアでも充実できる人の範囲が広くなり社会現象として名づけることができるようになったのではないでしょうか。

それにしても社会学者や評論家の人たちは次々とネーミングしては商売するなあというのがSAPIOのプア充の記事を読んだ時の感想でした。
社会学者はコピーライターかよと突っ込みたくなります。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。