記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

海外ETFは悩ましい

このブログをつけるようになってから、今まで考えていなかったようなことに考えるようになりました。主に自分の生活関連(と、お金関連)ですが、それだけでも収穫だったかもしれません。

さて、資産運用。
適当なポートフォリオを組んでインデックス投資をしていることは書きましたが、私のメインの投資先はETFです。個別ETFでは、現時点ではバンガード社のVT(Vanguard Total World Stock ETF)がメインで、これにVWO(Vanguard FTSE Emerging Markets ETF)をサブで持っています。VTは全世界株式ETF、VWOの新興国株式ETFです。
VTはETF界のリーサルウェポンと呼ばれる、全世界株式に低コストで投資できるETF(E-Advisor記事(水瀬ケンイチさん))。こんな簡単かつ低コストで分散投資ができるETF、勉強嫌いな長期パッシブ投資界の辺境に住まわせてもらっている私としては使わない手はありません。

VT、VWOはアメリカのFirstrade証券でDRIPという配当再投資プランを使って投資しています。日本ではDRIPに対応している証券会社がないようなので、他の方がブログでお薦めされていたこの証券会社を使うようになりました。ETF購入もVWOは購入手数料無料、VTもキャンペーンでもらった無料購入回数がまだ残っていて、今のところ無料で買えています。

国内ETFが良いのか、海外ETFが良いのかという議論はブロガー間で行われているので参考URLをここに書いておくだけにしますが、アーリーリタイアを目指す者にとって大きな問題が一つあります。
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「老舗インデックスブロガーが海外ETF派から国内ETF派へ。さて自分はどうするか?」(水瀬ケンイチさん)
ホンネの資産運用セミナー「先進国株・新興国株で米国上場ETFから国内上場ETFへ投資商品を変更」(ゆうきさん)

それは、海外ETFの配当金や売却益は確定申告をしなければならず、源泉徴収ありの特定口座で完結できる国内株式や投資信託とちがい、国民健康保険計算の基礎となる所得に含まれてしまうという点です。

節制型アーリーリタイアでは、所得を抑えて各種税金・国民健康保険料(税)を低く抑えることが極めて重要なため、かなり大きな問題です。上記参考サイトでは試算もされていますが、特定口座で税関係を完了させるのとさせないのでは、所得税・地方税・国民健康保険料で極めて大きな差が出てきています。他の所得が少なくなるアーリーリタイアでは、所得税・住民税はともかく、国民健保がまずいです。
おやじダンサーのひとりごと「海外株式投信評価額(2010.06.11現在)」(おやじダンサーさん)
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「【特別寄稿】 国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える 」(水瀬ケンイチさん)

これへの抜本的対策は、「海外ETFは持たない」ということしかないと思います。しかし、Firstradeが便利過ぎますし、含み益が出ているので今すぐに売却・利確して国内ものに移管するのはあまり得策ではない気がしていて悩んでいるところです。いずれにせよ、リタイアする前年までにに引き揚げないといけないとは思っています(企業健保に入っているため、国民健保料に影響がないうちに)。

引き揚げ先の候補として、最近インデックス投資ブロガー界隈で話題となっているSBI証券のExe-i(エグゼアイ)の先進国株式ファンド、新興国株式ファンド、グローバル中小型株式ファンドが良さそうです。ファンド・オブ・ファンズで低コスト、そして特定口座で課税関係が完了できるという魅力。

引退前に、日本の証券会社で海外ETFの特定口座対応とDRIP対応がなされるのが一番良いんですけどね。

と、ここまで書いたところで楽天証券に続きマネックス証券も、一応「特定口座対応を検討している」とのニュースがありました(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「マネックス松本社長、バンガード加藤社長、竹川美奈子氏の対談で海外ETFの特定口座対応が話題に 」(水瀬ケンイチさん))。せめて特定口座だけでもリタイア前に対応になってくれれば、証券移管はできませんが(一般→特別は不可)、Firstrade分を清算して新たに買付で対応したいと思います。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

> マイナンバー制導入で税・社会保障管理一体化されたら、関係なくなる(今は確定申告しなくてもよい分は除外されているがそうではなくなる)かも知れませんね。

分離課税の方が都合は良いのですが、公平の観点からはそちらの方が好ましいですよね。そして、こんな細かいことに悩まなくても済むようになりますし。

マイナンバー制導入で税・社会保障管理一体化されたら、関係なくなる(今は確定申告しなくてもよい分は除外されているがそうではなくなる)かも知れませんね。

Re: タイトルなし

特定口座対応にならない限り、海外ETFメインで行くのは厳しいと思ってます。
VT&DRIPで私の中では投資は完結なんですけどね~。

最近になり、ETFというものの存在を知りました。

まさに、成為さんの仰られているような点が、私も悩みの種です。
最も、成為さんのようにしっかり考えてはいないのですが。

なんとなく、確定申告いやだなぁ、税金や健康保険上がったらいやだなぁ、でも、VT買ってみたいなぁ、程度に考えているだけです。

特定口座対応、早くなると良いですね。


コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

SBI証券の海外株式にかかる「特定口座対応」を早期要望!

自分のブログの過去記事を見ていたら、こんなのが出てきました。(参考)海外ETF(債券)に投資できない理由(2012/12/24) 数年前、海外ETFへの投資拡大を検討していた際(現時点では ...
スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。