記事一覧

わたしのリタイアポートフォリオを考える(4):結論のアセアロ

これまで3回にわたってうだうだと書いてきたリタイア・ポートフォリオですが、今回で結論をまとめます。

わたしのリタイアポートフォリオを考える(1):リタイア後に対策すべきリスクは何か
わたしのリタイアポートフォリオを考える(2):円高リスクの許容&シンプル
わたしのリタイアポートフォリオを考える(3):外国債券クラス


リタイア・ポートフォリオの条件


これまで考えてきた、リタイア・ポートフォリオの条件はこんな感じです。

・リターンに求める条件
 ・インフレを上回る
 ・社会保障制度改悪からの生活コスト上昇に耐える

・対処するリスク
 ・日本の円安・株安・国債安の局面でも大損しない
 ・円高リスクは許容する
 ・計測した許容できるリスク量を超えない
 ・債券クラスの一部は外国資産クラスで持つ(NEW!)

・ポートフォリオの基本方針
 ・シンプル&クリーン(手間いらず)


アセット・アロケーション


以上のことから決めたアセットアロケーションは、次の通りです。

・現預金:20%
・日本債券:30%
・先進国債券:10%
・日本株式:5%
・先進国株式:27%
・新興国株式:5%
・その他(REITなど):3%

わたしのインデックスによるリターン/リスク
・平均リターン:4.9%
・リスク:8.1%
・シャープレシオ:0.60
・リーマンショック時の下落率は24.3%

提供:わたしのインデックス

ファンドの海によるリターン/リスク
・期待リターン(年率):3.05%
・リスク(年率):8.45%




補足説明


・現預金クラスが入っていますが、ここには生活費が含まれています。それ以外は短中期の定期預金です。
・基本的に投資信託での運用。現在保有している一部ETFはそのまま保持、来年以降はVT購入も検討。また、個人向け国債・個別公社債もあり。
・低リスク資産の現預金を除くと、債券:株式その他=50:50のカウチポテトポートフォリオ
・信託報酬等コストは0.3ポイント、税効果は22%分見ています。

リスクが比較的高めに出ていますが、これは債券の一部を外国債券で持っているためです。十二分に予断が入っている選択です。リーマン・ショック級の下落があっても、実額で確認しましたが耐えることは可能です(精神的にどうなるかはわかりませんが…)。

このアセットアロケーションに向けて今月・来月でリバランスを行います(もう始めています)。最終的なポートフォリオは退職金が入らないとできませんけどね。それまでの積立割合も変更です。

というわけでだらだらと書いてきたシリーズも終わりです。

(シリーズ記事)
わたしのリタイアポートフォリオを考える(1):リタイア後に対策すべきリスクは何か
わたしのリタイアポートフォリオを考える(2):円高リスクの許容&シンプル
わたしのリタイアポートフォリオを考える(3):外国債券クラス
わたしのリタイアポートフォリオを考える(4):結論のアセアロ ←この記事


↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: 投信による運用

>リタイアマンさん

コメントのありがとうございます。先達のお言葉はありがたいです。

やはり元本の目減りというのは精神的にこたえるものなんですね…。リタイア生活に踏み切ってからの精神状態も逐一書いていくつもりです。そのうち私も不動産に向かうかもしれません。

投信による運用

5年前に46才でほぼリタイアしたものです。私も当初は投信や株式、債券による引退後資産運用を考えていました。しかし一時的なドローダウン(元本の目減り)が精神的にこたえ、今では価格の見えずらい不動産による運用に変えました。精神衛生上はるかにいいです。また有価証券投資は税金が20%程度と高く、実質的に所得税ゼロにできる(法人利用の場合)不動産が有利に思えます。
有価証券投資は、給料など別の収入がある人向き(ドローダウンに耐えられるため)と思います。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)