記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年に読んだ本ベスト5

2013年はまだ終わってませんが、多分今日明日で読み終える本はないのでここでまとめて見たいと思います。

2013年は69冊の本を読みました。毎年100冊行かないくらいなので、少し少なめですかね。ブログを書くように時間が取られたのと、あと本を買うのを少なくしたというのが大きいですね(節約のため)。なお、漫画は入っていません(漫画を入れると冊数が膨大に…)。

2014年は一応目標は100冊としておきます。

1位 折れた竜骨(上)(下) 米澤穂信


中世の北海の島を舞台としたファンタジー本格推理小説。小中学生時代に「ロードス島戦記」にはまり、その後いわゆる新本格推理にはまった私としては、こういうの大好物です。犯人として怪しい人はわかるのですが、その指摘の手続と、その背後の伏線が収束までは思いつきませんでした。魔法や不老不死が存在する中で論理的に犯人を探し当てることができるのか?著者あとがきにインスパイアされた作品として、私の聖典の一つである西澤保彦「七回死んだ男」が挙げられてたのも好感。上下巻ですが1冊1冊が薄いのでそんなに長くありません。この短さで一つの世界を創りあげて閉じたことが素晴らしいです。



2位 ジョーカー・ゲーム 柳広司


戦前の陸軍内に創られたスパイ組織についての短篇集。この方は寡聞にして初めて読んでみた作品でしたが、これが面白い。短篇集で1作1作が短いのですが密度が非常に高く、どの作品も緊張して読めました。最初の表題作「ジョーカー・ゲーム」が、スパイ容疑のかけられた外国人宅を憲兵が家宅捜査する場面から始まっていてちょっとハードルが高くて読んでなかったんですが、もっと早く読んでおけば良かったと思いました。スパイの孤高がこれまでもとわかるスーパーヒーロー小説。

「軍人や外交官などという、つまらぬ肩書にとらわれるな」(中略)
「そんなものは所詮、後から張り付けた名札にすぎない。いつでも剥がれ落ちる。(中略)
「何かにとらわれて生きることは用意だ。だが、それは自分の目で世界をみる責任を放棄することだ。自分自身であることを放棄することだ」


昨日書いた記事「自由・自立と責任、そしてセミリタイアへの道」と繋がる所がありますね。



3位 人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか 森博嗣


今年は過去の本の読み直しも含めても森博嗣の本は6冊読んでいますが、この本が一番いろいろと思うところがあったので選びました。
レビューを書いていますのでご参照ください。
森博嗣『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(上)
人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (下)

その他の著作についても感想を書いています。
スカル・ブレーカ
「やりがいのある仕事」という幻想(上)
「やりがいのある仕事」という幻想(下):少しずつ縛られる人生

4位 水魑の如き沈むもの 三津田信三


日本の戦後を舞台にした本格推理小説シリーズ。閉鎖的な農村で行われる儀式を利用した連続殺人事件。横溝正史を現代的にした印象のこのシリーズ、どれも面白いのですが今作も良かったです。これは常識的な思考で解決できる問題なのか、あるいは超自然的なホラーなのかよくわからないまま進んでいく(そして最後まで割り切れない謎がある)という展開が大丈夫であればお勧めです。



5位 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド 山崎元・水瀬ケンイチ


今年の読書リストを見たら最初にあったのがこの本でした。私がまともに読んだ投資本はこれだけです。「資産ポートフォリオと運用の考え方」で少し触れていましたね。

資産運用についてもこれだけ書いているので1冊くらい挙げないと、と思うとこれしか読んでないので・・・良い指南書です。


次点


エデン 近藤史恵
リトル・シスター レイモンド・チャンドラー
幼年期の終り アーサー・C・クラーク
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>smさん

図書館でどうぞ。
会社に寄生といっても、在籍していられるのは良いですね。

金がもったいかいから

図書館でかりますよ

まあ、会社に寄生では

自由はないね

だから私は会社には行かない

なので、少し主さんとは

リーマンの状況がちがうよ

何度も言うけど、リーマンだけど

会社にはいってないリーマンだけど

この2年近くは給料は貰ってる寄生中

の病人です、カスだよ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。