記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

親の自立と親からの自立

昨日、「親に仕事を辞める話をした」という記事を書きました。

ちょうど、「Chikirinの日記」で、「親と子、それぞれの自立」という記事が慶されていました。

まさにこれ!と手を叩きたくなった、と言うのは嘘で手を叩きたくはならなかったけれども、本当にそのとおりだなと思ったのは本当です。

母親が何から人生の肯定感を得ようとするものなのか、というところで、引き合いに出されていた例がこんな感じだ。

・うちの息子は東京にでて、経済的に成功している
・しかも、還暦祝いに車をプレゼントしてくれるほど母親思いだ
・自分はずっと仕事を優先していたから、息子の学校参観にも行ったことがない。それでも息子は、私に感謝してくれている
・母親としての私の人生は、大成功だったのよ



うちの母もまさにこの通りじゃないかと思いました。地元に帰って親戚や友人の親と話すと、私のことを自慢しているような節があります。

さすがに「~を買ってくれ」みたいなことは言われたことはありません(もしかしたらホリエモンと同じで気づいてなかっただけかも?)。そういった意味で母はかなり自立しています。まだ働いていますし、子供から独立してから転職し、家を買って(独立する前に買って欲しかったよ)、友人とのホームパーティを楽しんでいます。仕送りもこちからから申し出たことです。今から思うと、母に肯定感を感じて欲しかったのだと思います。

そんな「自慢の息子」が都会でのキャリアを諦めて仕事を辞めて無職生活を送る、ということでその肯定感を失わせるのが怖いのだということを認識しました。

Chikirinさんは、「心のやさしい、よくできた子供」であり続けることが、親の自立を遅らせると指摘しています。

でも、この「親思いの子供のやさしさ」が親の自立を遅らせます。さらに、そういうやさしい子供は、親がすっかり気弱になった時には、喜んで親を助けてあげようと考えます。年老いた親を頑張らせるのではなく、「僕が・私が助けてあげればいい」と考えるのです。

確かにやさしい息子、そして娘です。

でも、本当にそれが親のためになるでしょうか? 親が子供から自立し、自分の人生に戻る時期を何年も遅らせてしまい、平均寿命が 20年も残っているタイミングから、過去にしがみつく、ストック型の人生に追い込めてしまう。



私は母の自立を遅らせているのでしょうか?自分の人生のよりどころを他者に求めることについては否定的ですが、その私がそれを助長しているというのはいかにも皮肉な話です。自分のことになるとやはり客観的に見ることが難しいですね。

これといった正しい解法がない話だと思います。時間をかけて、それこそ仕事を辞めれば時間はできますから、少しずつ話していこうと思います。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: うちの場合

>バネさん

バネさんもそんな経緯だったんですね。
私もそんな感じです(上場してませんけど)。

とりあえずはぼーっとする→独立という路線です。

Re: タイトルなし

>smさん

でも親が金持ちだ子供が楽しているのは羨ましいです。

うちの場合

うちの場合は就職する時からいろいろ言ってました。
始めは自慢の息子となるため一部上場企業に就職。
自慢が終わった頃に転職。
独立。
起業。
セミリタイア。
こんな感じで段階踏んでやりました。

というか

親に、余力がないなら、自動的に自立でしょ

金がない親なら、無理

親に金があるなら、やってもらい

それを批判する人は

ただのひがみ、やっかみ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。