記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「ヤングリタイア」が持つイメージ

usamimi30sさんの「30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s」で、「サラリーマンのヤングリタイア(ヤングリタイアとは何歳までか)」という記事がありました。

言葉だけで見れば、30歳代でヤングって言えるかといえば微妙な感じで、30歳代だとちょっとおっさん入ってきますよね。
20歳代ならヤングでも問題なくいけそうです。
でも、20歳代でリタイアできる人はそうそうはいませんし、個人的な感覚ですが30歳代までかなと。


「ヤング」には、ナウなヤングにバカ受け的なちょっと古いイメージがどうしても私にはあるのですが、「なう」がTwitterで復権した(そしてまた消えた?)というのもあるので、「ヤング」もそのうち本来の意味を取り戻してくれることでしょう、多分。

それはいいとして、ヤングリタイアというと、私が以前持っていたアーリーリタイアのイメージと一致します。

自己紹介でも書いたとおり、アーリーリタイアを意識始めたのは昨年秋ごろです。それまでももちろんアーリーリタイアについては知っていましたが、事業が当たって売却して大金持ちになった人や、投資銀行などで20代で何億円と稼いだ人がするものかと思っていました。自分には関係ないものだと。
早期リタイアの可能性の検討



「ヤング」は年齢の若いことしか意味しないと思いますが、イメージとしてはやはり「若くして大金持ちになった」というのがどうしてもつきまといます(私の中で)。しかも、親の遺産を受け継いで、とか、宝くじが当たって、というよりは、自力で稼いで、というイメージ。美化しすぎでしょうか。

年代的には、20代は当然ヤング、30代もヤング、40代も前半なら、って感じでしょうか。40代後半からだとヤングじゃないよな…という気がします。

いずれにせよ、「自力で大金持ちになった」というイメージが前提なので、私が目指しているような、コツコツお金を貯めての節制型リタイアだと、なんとなくですが若くしてリタイアできても「ヤングリタイア」という言葉の持つ華やかなイメージにはそぐわないんですよね。

というわけで、「ヤングリタイア」というと、私には、「20代~40代前半で、コツコツ資産を貯めたわけではないが自力で大金持ちになって仕事をすることを辞めた人」というイメージ。私には叶わなかった夢ですね。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>smさん

会社が嫌だというよりは、自由時間を取られるというのが嫌ですね。
仕事が楽しかったら辞めないというのには同意です。

なんで、仕事ができるのに

リタイア生活したいのは

単に会社が嫌だから

だって、会社が楽しくて

仕方ないなら、辞めないし

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。