記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

無理はしたくない。けど無理しないためには自分を知りコントロールする必要がある

富士山登山2010 (Mt. Fuji Climb)
富士山登山2010 (Mt. Fuji Climb) / imgdive


休みをもらって山登りをしてきました。今年に入ってから、ハイキングは4回目です。去年は2回くらいしか行っていないのに、今年に入ってから急に目覚めました。「山小屋を建てる」のからあげさんの影響も微妙にありますが、もうすぐ今住んでいる土地を離れるので(「というわけで、僕は早期退職に応募した」参照)、せっかくいろいろハイキングコースがあるから歩いておこうかと思ったわけです。また、「妄想プロフィール」に書きましたが、富士山に一度登ってみたいと思っていて、そのための準備という位置づけでもあります。

といっても、本格的な山登りというわけではなく、日帰りのハイキングレベルです。ここ3回は、2.5時間~3.5時間くらいのコースで、登り降りはあるとはいえ300メートルくらいの山というか丘というかのハイキングでした。2回は人に連れて行ってもらって、2回は独りでの山行。

今回行ったところは、一番高いところで600m超、コースの目安時間が6時間となっているところです。今までで一番大変な(自分比で)山行になりました。

ここ数回のハイキングで学んだのは、「無理をしない」ことが重要だ、ということです。最初の登りで心拍数を上げて息を切らすようでは、その後が大変だし疲れも残ります。あくまで無理をせず、息が上がりそうになったら歩むスピードを緩めたり、早めに立ち止まって休息をとる。そうすると、疲れを残さずに歩き続けられると。

「無理しない」なんて簡単な事だ、と思っていたし、そう言うのは簡単ですが、それほど簡単なことではないと分かります。上り坂では、どうしても「あそこの登りが途切れるところまで行ったら休もう」とか思ってしまい、結果心臓バクバク、息も切れ切れになることが多い。下り坂では楽だと思って飛ばし気味になってしまい、だんだんと膝が痛くなってきたりふくらはぎが攣りそうになったりします。

また、特に上り坂では、普段の歩く速度よりどうしても遅くなってしまうので、目で見える風景の進みが遅いと感じてしまい、歩を早めてしまいがちでした。結果、早い段階で疲労がたまったりします。

時間にも余裕を持って体調も万全、無理をしないと決めているにもかかわらず、意識的か無意識にか無理をしてしまうのです。これは、体のコントロールの問題もありますが、むしろ上記のとおり意識のコントロールが不完全なことがより大きな問題です。

何度か経験してくると、抑えるところがなんとなくわかってきて、以前よりも疲れずに歩くことができるようになります。今回の山登りは、今までで一番大変なはず(高低差と距離)ですが、最初の2回に比べるとだいぶ楽に踏破できました。といっても、ふくらはぎの筋肉痛は避けられませんでしたが…。


自分を知らないと、無理してしまう


このように、無理したくないと思っていても、自分を知らないと、そして自分の意識をコントロールできないと、無理は避けられません。このことは、山登りだけじゃなく、一般的に言えることなのではないでしょうか。

至近な例を挙げれば、例えば食べ放題のお店で、もとを取ろうと思って、自分の胃腸のキャパシティを超える量を食べてしまい、後々苦しむことになったり。

また、私は若いころ働き過ぎて体を壊したことがあります。ぎっくり腰にもかかりました。若いからといって無理をしてしまったのです。しかし、仕事をしている最中はまったくそんなことに気がつかないものです。早朝出勤から終電まで職場にいるのがむしろリズムになっていると感じていたくらいです。しかしそれは、自分を知らず、自分をコントロールできていない無知さ故のことでした。

その後会社を辞め転職しましたが、それ以降は体力的には無理しないように努めてきました。その意味で、若いうちに一度限界を知ることができたのは良かったのかもしれません(と思わないとやっていられない)。

年をとってきて、体力的なものはどんどん落ちてきていますが、自分のことは昔に比べるとわかるようになったと思います。松岡修造なら、「自分に限界を決めるな!」と怒られそうですが、今は全てに腹八分目が良いと思うようになりました。といっても、時折無理せざるを得ない状況もままあります。会社勤めの仕事をしていますので。

この仕事を辞めたら、今後は無理をしたくないです。何をするにも腹八分目で抑える節度と、自分をコントロールできる理性を持てるようになれたら、と思っています。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: こんにちは。

>からあげさん

からあげさんほどの登山家でも高度障害が出るんですか!
今年の夏までに練習間に合うかな…。

こんにちは。

富士山登山良いですね~。
私も一度登りました。
日本一の3776mの山だけあって
高度障害が出て大変でしたが、強
風が吹き荒ぶ山頂に立った時、や
はり嬉しかったです。
成為さんの富士山登頂もきっと何
かを得られるんじゃないかと思いま
す。

Re: 頷けます

>消費しないピノキオさん

そうですね、好きなことには熱中してしまいますよね。
そこを抑えるのが一番難しそうです。

頷けます

仕事だけでなく、何かに熱中してしまって
気が付くと無理をしていたなと振り返ることが
未だに多々あるように思います

まだ上手に使いこなせていないのかな

Re: No title

>tonoさん

私もちょうど禅の本を呼んでいましたが、やはり足るを知るということが書かれていました。何事もほどほどにして生きたいですね。

No title

私も激務で会社を辞め、再就職後ほどほどに働くという同じ道を辿りました。
仏教の本にこんなことが書いてありました。
釈迦は、苦行では悟りを得られないから、自分にとっての良い加減である”中道”を勧めています。
また、欲望(出世欲・物欲・金銭欲など)を地獄の入口とし、これらの煩悩から解放されるために少欲知足(欲を少なくして足ることを知る)の生活を勧めています。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。