記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

一日不作、一日不食で不足を楽しむ ~玄侑宗久「禅的生活」~

「シゴト辞める」「シゴトしたくない」と言っておきながら、タイトルは「一日作さざれば一日食らわず」というブログを書いています。このタイトルを付けた理由については、ブログ初期の記事「一日不作、一日不食」に書いたとおりです。

先日、玄侑宗久「禅的生活」を読んだのですが、この言葉が出てきました。

 禅師が八十歳のとき、体調を案じた弟子たちが作務を休んでくれるよう老師に提言したが聞き入れてもらえず、そのため弟子たちは老師の作務の道具を隠してしまったらしい。すると老師、三日も坐したまま食事もとらない。それで弟子が理由を訊ねると「一日作さざれば一日食らわず」と答えたという。
 この話を浅く読むと、「働かざる者、食うべからず」と似たように受けとられる危険がある。しかしこの言葉は、あくまでも自律的なものであるからこそ意味がある。どんな労働も三昧になれば快感を引き出す器であり、因果一如の行為であってみれば、他人にとやかく言われる筋合いのことではない。
玄侑宗久「禅的生活」p.115-



繰り返しになりますが、「働かざる者、食うべからず」ではありません。働くか働かないかは自分で決める、あまり働かないからあまり食わないっていうことも自分で決めたんだから自分でケツを拭く、という拡大解釈から決めたものです。

会社に努めてお給料をもらうだけが仕事ではないですし。炊事洗濯掃除、自分を生かしてくために必要なこと全て仕事ではないでしょうか。このブログを書くのも仕事だとも考えられます(しかもわずかながら金銭的対価も得られる)。というわけで、そういった自分を生かすための仕事は最低限しつつ、しかもその仕事から楽しみを得られるようにしつつ、仕事を減らした分、私は食べる量=使うお金も減らしますという原則の宣言です。

これは別な言い方をすれば、果報を将来に期待しない、ということだ。たとえば今、上司に言われて嫌々残業とかコピーとりなどをしていたとする。そして「こうして言われたとおり我慢してやっていれば、そのうち上司も認めてくれていいこともあるだろう」などと自分を納得させたとしても、そんな虫のいい果報を期待してはいけないと、禅は考える。明日、交通事故で死ぬかもしれないし、大地震がきて会社が潰れてしまうかもしれないではないか。だから将来に果報を期待するのではなく、今という時間から果報もすべて得てしまえ、というのである。それはつまり、「今」を最大限に楽しむということである。
玄侑宗久「禅的生活」p.130



著者は他にもいろいろといいことをおっしゃっていて、この本は楽しく読むことができました。細かい故事は覚えられませんでしたが。

 鹿威しのあとに「静寂」を感じるように、人は不自由の中で自由を感じると、まえに申し上げた。(中略)
 具体的に申し上げると、たとえば我々禅僧は弁慶の泣き所などをどこかにぶつけたりすると、すぐさま「風流だね」なんて言う。誰を責め用もない自分の責任で生じた痛みは、そうして楽しむしかないということだろう。あるいは歯が痛い、というような他人に理解してもらえない苦痛も「風流」である。(中略)
 いわば、「不足」や「苦痛」など、思うようにならないものを楽しむ余裕と言ってもいいだろう。(中略)
 本当に望まない「不足」をも楽しめることこそ真の「風流」であり、それができる人が「曲者」と云えるだろう。
 老子は「曲なれば即ち全し」と言うが、幹や枝の曲がった木が切られずに寿命をマットウするように、曲者こそが人生を長く楽しめるのである。
玄侑宗久「禅的生活」p.207



お金を使わない節約生活を楽しんでいる方、セミリタイアブログ界隈にはいっぱいいらっしゃいます。私もその境地に早く近づきたいところです。好きなだけお金が使えないという不足を、自由闊達な思考で楽しみに変えるという生活が、私が目指したいところです。


↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます

>smさん

早くその境地に達したいものです。


>フーテンどんぐりさん

フーテンどんぐりさんは足るを知る生活をされているんじゃないかと、ブログを見ると思います。


>消費しないピノキオさん

どんな生き方でも「アリ」なんでしょうけれど、私にはこういう生き方の方が楽だな、と思います。


>mushoku2006さん

mushokuさんの場合は針が逆に振れすぎているような感じはありますよね…三つ子の魂百までなんでしょうか。

No title

私はむしろ、浪費とまでは言いませんが、
普通にお金を使えるメンタルになりたいです。

資産形成はとっくに終わっていると理性は認識しているのに、
日々の生活ではそれ以前のまま。

ぜいたくしたいとまでは言いませんが、
もう少し普通に近い生活がしたいですね。
 ┐( ̄ヘ ̄)┌


正直に暮らすこと

私も飽くなき成長を求める資本主義との対比で読みました
自分の理想とする価値基準で正直に暮らすことは
とても贅沢なことだと思いました

No title

「欲は限りない」ですから、欲に任せるならキリがない。「現状の満足」を資本主義は嫌いますから世の中は「欲で動く者」が賛美される。その中で「不足の中の満足」を知るのはある意味、自己満足かもしれない。しかし、「生きる意味」を思うなら、どちらが「人の道」として適当か?

なんてことを考えながら記事を読みました。

コジキ、は3日やったらやめれない

なをて、いうが

リタイア、ニートも3日やったらやめれない

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。