記事一覧

セミリタイアを考えだしてから、些細な思いつきをその場であきらめないようになった

Idea Taking Flight
Idea Taking Flight / Andrew Tarvin


先日のエントリ「退職後の予定が立てられなくて困っている」で、旅行に行きたいけどとある理由のために4月以降の予定が立てられないということを書きました。すると、複数の方から、これから時間ができるんだから予定に追われなくても、といった旨のご指摘をいただきました。

確かに、焦って先走り過ぎだったかとも思ったのですが、よくよく考えてみると、以前に比べて「あれをしたい」ということが増えていて、密かにつけている「やりたいことリスト」がどんどん伸びてきているせいじゃないかと思えてきました。

さらに突き詰めて考えると、こういった「やりたいこと」というのは、前々からぼんやりとは思っていたけれども、どうせ無理だろうと思いついた瞬間に諦めていたことなのではないだろうかと思い至りました。もちろんそれだけではないのですが、あらためて考えるとそういったものが大半だということがわかります。

たとえば、リストにある「世界ペンギン巡り」なんてのも、会社を辞めて無職の時間を過ごすなんて思ってもいない時には、やりたいと思い立ったとしても「そんな時間ないし」と一瞬にしてそんな思いつきは頭の中で闇に葬り去られていたのではないかと思います。

そんな、時間的な余裕がないことや、一企業社員としての立場を捨てられないこと、(主に金銭的な要因で)会社を辞められないなどの理由から、面白そうなことを思いついたときでも、まったく検討もしないまま忘れてしまったようなアイディアは、おそらくかなりたくさんあるんじゃないでしょうか。思いつきを記憶にとどめるというのは私にとってなかなかエネルギーがいることなのですが、「思いつく」から「記憶にとどめる」までのスクリーニングのハードルが明らかに下がっています。それは、時間的余裕ができるのであれば実現可能なんじゃないかと思うようになったからでしょう。

もちろん、時間的余裕ができたとしても、金銭的余裕はさほどないので、結果として実現しないものもおそらくたくさん出てくるのでしょう。しかし、「やりたいことリスト」が長くなっているのは確かです。そのせいで予定が立たないことをすこし歯がゆく思うようになったんじゃないかと。

アイディアのいくつかは、明らかにビジネス的なものもあります。これはほぼ実現しないでしょう。たぶん、起業家というのはこういった思いつきを大量に持って、その中の多くを切り捨てて上澄みだけをすくって生業にするんだろうな。こんな視点を持てたのは、一つ学んだことですね。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます

>zさん

やりたくないことリストは作ってないですね・・・作らなくても覚えてるからかもw

No title

やりたいことリスト,夢がありますね。たのしそう。

やりたくないことはたくさんあるのですが,やりたいことリストも作ってみようかと思います。(いま2個くらいしかない。。)

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)