記事一覧

消費自体が悪なのではない、あくまで自己満足の問題

Tax Policy 9-9-9 Plan
Tax Policy 9-9-9 Plan / uvw916a


消費税がもうすぐ上がってしまいます。世の中節約ムード…と思っているのは私だけかもしれませんが、私自身は、消費税が上がったらその分安売りがあるだろう(すくなくとも、しばらくは)と思って特に買いだめなどはしていません。新居に住むための必需品だけは買い揃えている、という感じです。

お金を使うこと、とくに必要最小限ではないものにお金を使うことについて、ドケチな方はかなり忌避したいと考えているようです。私は、おそらくですが、ドケチの属性はそこまでではないので、余計なお金は使いたくはないけれども、それ自体を忌避することはそんなにないと思っています。ドケチならもう少し早くアーリーリタイアできたはずなのですが。

先日書いたエントリ「一日不作、一日不食で不足を楽しむ ~玄侑宗久「禅的生活」~」で、mushoku2006さんからこのようなコメントをいただきました。

私はむしろ、浪費とまでは言いませんが、
普通にお金を使えるメンタルになりたいです。

資産形成はとっくに終わっていると理性は認識しているのに、
日々の生活ではそれ以前のまま。

ぜいたくしたいとまでは言いませんが、
もう少し普通に近い生活がしたいですね。
 ┐( ̄ヘ ̄)┌



楽しむ節約ではなく、強迫観念に近いものになっているのでしょうか…。望むことができない、というのはちょっとストレスフルですよね。

これとはまさに逆で、節約したいのにお金を使ってしまうという人もいるかと思います。割合で言えばこっちの方がかなり多いんじゃないかと(mushoku2006さんはかなりの稀有な例かと…)。望むことができない、という意味で同様にストレスフルな状況だと思います。

消費自体が悪いのではないのでしょう。消費したい、なので消費する、という感情から決断が直結しているような方は幸せだと思います。物質的な余裕が伴えば更に幸福でしょうし、問題にはならないのでしょうが、こういったケースは得てして物質的な余裕は伴っていないので、収入以上の支出をしてしまって借金苦に陥るケースになりがちかと推測します。そうなると、その方個人の問題ではなく他の人に迷惑をかけることになります。

消費したいけど節約しなきゃ、ないし、消費したくないけどお金を使いたい(レアケース)、というのはどちらもストレスですが、前者の方が精神的なストレスだけではなく物理的に立ちゆかなくなるので社会としてはより高いコストです。絶対数も多いでしょうし。

解決策としては、
(1)金銭的に問題にならないようにもっと稼いでもらう
(2)消費しなくても幸せを感じられるメンタルになるよう努力してもらう(+必要があれば指導する)

のどちらかしかないのではないでしょうか。

それが簡単なら、借金地獄に陥る人はもっと少ないんでしょうけれども…。それ以前に、現在の形の資本主義がここまで発展しなかったかもしれませんが。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: No title

>mushoku2006さん

ドケチもそこまでいくと欲望なんでしょうね。
欲望は追い求めても、押さえつけてもダメみたいですから
すこしずつリハビリを…。

No title

どもどもです。

はっきり強迫観念になっています。
大げさに言えば、
自分で自分の首を絞めているような感じです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)