記事一覧

早期退職、仕事の最終日を迎えました

Day 4: Last day in Osaka
Day 4: Last day in Osaka / Bytemarks


とうとう仕事の最終日を迎えました。手続きのためあと1日顔を出しますが、仕事をするのはこれで最後です。

し かし、正直言うと、「これで終わり?」という感じしかありません。他のブログに書かれていたような、圧倒的な開放感や自由の歓びに浸れるのかとちょっとだ け期待していたのですが、そんなものは最後の最後まで訪れませんでした。最後に上司に挨拶するときも感慨は特になく。こんなもんなんでしょうか。

同僚にも、「これから居なくなる感じが全然ない」と口々に言われました。人にそんな風に思われるくらいだから、よほどひょうひょうとしていたんでしょう。

考えられるのは、1つ目は、私が今後おそらくフルタイムの仕事はしないということをあまり周りの人に言っていないことがあります。次の仕事は決まってないけどしばらく休むとだけ言っているので、そんなに驚かれることがないというのはあるかもしれません。

2 つ目は、このブログでほぼ1年間にわたってさんざん自分の思いを吐き出してきていたので、それで少しずついろいろな思いを消化してきたかもしれないという こと。最後の2ヶ月は辞めることも決まっていてレイムダック状態でしたし、その間にいろいろと準備もできたので、その延長で最終日を迎えただけということ なのかと理解します。

最終日をつつがなく終え、同僚に送別会をしてもらって戻ってきて、酔っ払っていたのですぐ寝て起きて今この記事を書いていますが、これから仕事行かなくてもいい!俺は自由だ!!(by木多康昭)という実感はとくにありません。3連休だからでしょうか。こんなブログを書いているからというのが一番怪しいです。それともしばらくすると実感が湧いてくるのでしょうか。わかりません。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます

>mushoku2006さん

やはり、そんな感じでしょうか。欲しかったのは平常心の日々なので、むしろ望むところなのですが…。まあ、仕事を辞めてまだ平日が1日もないのでしょうがないですねw


>カゼヒコさん

まだ働くかもしれませんが、一段落です。ありがとうございます。カゼヒコさんのブログも、落ち着いたらまた戻ってきてください。

おめでとうございます

早期リタイア達成、おめでとうございます。
私も後十数年後になると思いますが早期リタイアを目指しているので、リタイア後の記事も楽しみにしています。

No title

お疲れ様でした。

自分の場合もそんなもんでしたよ。
よほど会社が嫌で嫌で仕方がなかった方は、
また違うのかもしれませんが。

リタイア生活もまた、
そのうち日常になります

コメントありがとうございます

>prireさん
>フェニックスさん

ありがとうございます。
まだ新しい生活が立ち上がってないのでやることがいっぱいあるというのもあるかもしれません。

No title

おつかれさまでした。
最後は意外とそんなものなのかも知れませんね。

No title

いざ辞めるとそんなもんなんでしょうかね。
いずれにしろ、お疲れ様でした。

コメントありがとうございます

>とまさん

やはりそうですか。
この先いろいろあるという期待感が喪失感より大きいからでしょうかね。


>smさん

本当に楽しみです。が、当面は恐る恐るになりそうです。


>観楓さん

1週間くらいしないと、普通の休暇と変わらないですからね。でも1週間後くらいに1度出社しなくちゃいけないんですよねw


>ヒデ坊さん

実際、どんな感じのブログになるか全然予想は付きませんが、大きな負担にならない程度に続けていきますので、よろしくお願いします。

おめでとうございます

おめでとうございます。

私もアリリタ目指して、今しばらく仕事を我慢して続けます。

これからもブログ更新よろしくお願いします。
楽しみにしています。

いよいよですね

お疲れ様でした。

自分の辞めた直後にそれほど圧倒的な開放感などは感じませんでした。最終日直前までバタバタと引継ぎしていたせいもあるのかもしれませんが。

退職してから1週間ほどかけて、ああもう出社しなくていいのだな、ということをじんわり実感していったような気がします。

いよいよ始まる圧倒的に自由で、でもちょっと不安もある人生、楽しんで下さい。

まあ、
これから、ニート
楽しんでよ

ニートサイコーだよ

おつかれさまでした。

正直こんなものだと思いますよ。
で、私自身の結論としては
やっぱり辞めるべくして辞めたというか
馴染めていなかったというか…

もっと早く辞めても良かったななどとも思いましたね。

開放感がないのはこれから色々考えることがあるというか、普通の定年ではないので自ら考え、選択していかなければならないからではないのでしょうか。

結局人生の主役は辞めた仕事にあったのではなく、自分自身にあるという証拠でしょう。

上手く言えないですが自分はそう思いましたね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)