記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アメリカ式「老後に必要な貯蓄額」を簡単に計算する方法

saving and retirement
saving and retirement / 401(K) 2013


Lifehackerが、「「老後に必要な貯蓄額」を簡単に計算する方法」という記事を掲載していました。

老後を快適に暮らすためには、仕事を引退するまでにどれくらい貯蓄しておく必要があるのでしょうか? この金額を求めようとして、複雑で面倒な計算をしてしまう人がいるかもしれません。確かに、厳密な数字を出そうとすれば大変ですが、大まかな見積もりならそれほど苦労しなくても計算できます。今回は、この見積もりをサッと計算する方法をご紹介しましょう。



さて、どんな感じの計算になるかというと、税引前年収を20倍するだけ。簡単!

年収500万円だったら、1億円ということでしょうか。ファイナンシャル・プランナーもびっくりですね!

その後に、ライフスタイルによる係数(所得置換率)をかけるという調整方法は乗っていますが、それでも結構な数字になります。もちろん、私はそんな金持ってないです。

元ネタになった英文記事「How to Make a ‘Fit’ Retirement Plan」を見てみると、計算の難易度別に3つの例が出ていました。

1:現在の収入×20(難易度:易)
2:収入×所得代替率×20(難易度:中)
 ※所得代替率は、節約するなら80%
3:支出×20(難易度:高)

20というのは、仕事を辞めてからだいたい20年くらいは生きるだろうという仮定で置いている数字ですね。もしもっと長生きすると思うならその数字に変えてください、と元記事では言っています。

(例)年収500万円(支出300万円)の場合
1:1億円
2:8000万円
3:6000万円

自分がいくら支出をしているか知らない限りにおいては、収入から計算するしかないので、難易度の低い計算方法として収入×20が挙げられていたようです。節約・節制ブログではあまり見かけないかもしれませんが、自分が月にいくら使っているか知らない人、結構多いですよね、周りを見回すと。そう言った人がとりあえずどんなもんか知りたい、と訊いてきたら、1か2を答えるといいかもしれません。少しでも貯金をしている人であれば、1>2>3となるはずなので、安全側に数字が出ます。

ただ、Lifehackerの記事を読んですぐ思ったのは、「宵越しの銭は持たねえ」的な感覚がアメリカでは結構一般的なのかなということ。もらった金を全部使うのであれば、収入=支出ですから1=3になります。なので、1の式で計算しても問題ないんだなあと。これが本当かどうか知りませんが…。でも、そんな人はこんな記事読まないような気もします。

しかし、計算式としては非常に簡単なので使い勝手もあるだろうということで紹介してみました。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます

>なんちゃさん

収入を100%使い切ってるという前提ではなくて、単にそれだけあればあまり心配いらないですよ、って額の計算方法で一番単純なのを紹介してるだけなんでしょうね。

No title

1.も退職時にはそれまでより低い収入で生活できるようになっていることが条件ですね。
そうでないと、60〜80歳の生活のために40〜60の収入をまるまるあて、40〜60の生活のために20〜40の収入をまるまるあて、結局働く前から老後の蓄えがなきゃならいコトになります。
ん?間違ってる?

コメントありがとうございます

>tannerさん

おはようございます。
わたしも多すぎかなという点については同感です。でも、アラフォーで早期リタイアを目指す人にとっても多すぎ、というか自分にとっては多すぎですね。同じ生活水準を保って、ということだったら目安になると思います。


>がちゃぴんさん

やはり、収入=支出という人だったらということですよね。しかし、年収2~3万ドルだと、そこまで貯金するのはなかなか大変そうです。


>SNさん

記事にもするかもしれませんが、外国資産の割合が多いですし、貯金等の利息も上がると思うのでそこまで心配していません。ハイパーインフレの感覚はよくわかりません。ハイパーインフレよりも、4-5%のインフレの方が怖いですね。

はじめまして^_^

昨年末からブログ読ませていただいております。
以前に記事にされているかもしれませんが、日本がハイパーインフレになった場合、リタイア後の生活はどのようにお考えでしょうか?

No title

初めまして。
アメリカの田舎は年収2-3万ドルで暮らす人が多いので、そういう計算式なのではないでしょうか?

No title

こんにちは。

日本人は米人ほど浪費家でないでしょうし、社会保障もまだマシな状態なので、この方法は「定年まで働く人」には多すぎかなと思います。

逆に「40、50代で早期リタイアを目指す人」には、年金受給開始年齢までの資金(ちょうど20年くらい?)として目安になるのでは?と思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。