記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

確定拠出年金は野村證券?SBI証券?どっちがお得?コスト比較

無職になる前には、会社で企業型確定拠出年金に加入していました。しかも、マッチング拠出も最大限にしていました(節税になるため)。

会社は辞めましたが、現在加入している運用管理機関でも個人型を取り扱っているため、ひきつづき使い続けることはできるようです。が、各種手数料や運用商品の手数料率が高いので、別なところに移管しようと考えています。

とりあえず、現時点で巷で評判の良い野村證券とSBI証券の個人型確定拠出年金の資料を取り寄せてみました。
201404 401k

なんか写真ぼやけてるな…。


野村證券とSBI証券がなぜ候補になったのか


野村證券とSBI証券が、個人型確定拠出年金の手数料が一番安いからです。「吊られた男の投資ブログ(インデックス投資)」の「NISA効果?野村證券の確定拠出年金がパワーアップ」で、わかりやすく図解されています。

ここでいう「手数料」には2つの意味があって、野村證券が良いのは、一部運用商品(私が買いたいもの)の手数料が安い商品を持っているということ。それに対しSBI証券は、固定費たる事務手数料が一番安いです。一方、運用商品のコストは最安ではありません。

SBI証券が安いのは固定費なので、運用金額が少ない場合はSBI、運用金額が大きい場合は野村證券がコスト最安になると考えられます。コスト以外のサービスについても本来考えるべきなのでしょうが、やはり運用結果に直に効くのはコストですので、そこに一番のプライオリティを置いて考えています。


野村證券とSBI証券のコスト比較:全資産を外国株式インデックス投信で持った場合


401k分だけでアセットアロケーションを考えだすと面倒なので、とりあえず期待リターンが高く、私のポートフォリオ全体に占める割合の大きい先進国株式クラスで100%持つと仮定します。その場合の各金融機関の運用期間中にかかるコストを、エクセルで計算シートを作って確認してみました。使用した前提は以下のとおりです。

<前提>
・運用資産を先進国株式ファンドで100%持つ
・運用期間は20年間
・Exe-iの実質コストがまだわからないため、信託報酬をコストとして使用
・すべて税抜き
・運用金額は期間中にわたり変わらない
・事務手数料や使用ファンドの信託報酬などのコストが期間中にわたり変わらない

非常に簡単な、いろいろなことを考慮に入れずに作った手抜きなものですが、2つの金融機関の比較であればこれで十分だと思います。

これでSBI証券と野村證券のコストを計算します。SBI証券の先進国株式クラスはExe-i先進国株式ファンド(信託報酬:0.34%)、野村證券は野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(信託報酬:0.22%)を使用します。

この条件で計算した結果はこんな感じになりました。

201404 401k cost


運用金額が333万円のときに、SBI証券と野村證券のコストが等しくなります。よって、運用金額がこれ以下の場合はSBI証券に、これ以上の場合は野村證券にコスト的に軍配が上がります。

運用金額とコストのグラフはこんな感じ。
201404 401k cost-graph

実際には、20年にわたって運用すれば元々の金額よりも増えていることが期待される(真に期待されます…)ので、333万円だったら野村證券を利用した方が良さそうです。


その他の考慮すべき項目


先進国株式の場合は、両機関とも競争力のある商品を持っているのでこういった比較が面白いのですが、例えば国内株式(TOPIX)となると、SBIには信託報酬が比較的高い商品しかありません(TOPIX100にすれば安いのがある)。また、SBIでは新興国債券ファンドの設定がないため、新興国債券ファンドに投資したいと考えている人はSBI証券は使えないことになります。逆に、新興国株式であればExe-i新興国株式の信託報酬がかなり野村證券のものに比べても安く競争力があります。

しかし一般的に言えば、運用金額が少なければSBIに、多ければ野村證券に優位があると言えます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: No title

>おうまさん

コメントありがとうございます。
途中での切替は可能です。手数料と、時間がかかりますが…。

No title

途中から切り替えられないのですか?
300万になるまではSBIにしておいて、増えてきてから野村にするというのはできないのでしょうか?

Re: No title

>タカちゃんさん

そこが気になるところなんですよね。
私もまだ野村かSBIかで迷っています。金額的にも損益分岐点上にありますし、グローバル中小株式も魅力的ですので、コストだけでは決められないところです。

No title

僕の場合は琉球銀行でやっていますが、EXE-iシリーズの実質コストが出次第、直ぐにSBIに乗り換える計画をしています。
EXE-iで注目しているのはグローバル中小型株式ファンドです。
現在はMSCI-KOKUSAIを中心に投資していますが、SBIに乗り換えた場合は、グローバル中小型株式ファンドも一部積立に加えたい考えです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

確定拠出年金のコスト調査

個人型確定拠出年金について勉強中です。 参考 確定拠出年金(個人型)検討中 SBI証券からは早速資料一式が届きました。確定拠出年金の制度についてなかなかわかりやすく記載されています。 ネットで少し調べて、手数料ならSBI証券が安く、信託報酬なら野村證券が安いということがわかっており、この2社を対象としています。手数料だけならスルガ銀行も安いですが、先進国株式の信託報酬が高すぎるため対象外と...
スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。