記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

65から死ぬまでを不自由なく生きるより、40から65までを自由に生きることを選ぶ

前回の国民年金の記事で、このように書きました。

65から死ぬまでを不自由なく生きるより、40から65までを自由に生きることを選びます。


何の気もなく出てきた言葉ですが、これが私のアーリーリタイアの本質を示してるんじゃないかと思いました。

Life expectancy
Life expectancy / pedrosimoes7


私はまだ65にはなっていないので、65歳がどんな感じかはわかりません。しかし、40歳に比べると、できなくなっていることも増えているように思えます。

それ以前に、まず65まで生き残れるかもわかりません。厚生労働省発表の平成24年度簡易生命表(PDF)によると、男性の場合、10万人のうち65歳まで生き延びる人は87,760人。つまり、12%の人、8人に1人は65歳までに亡くなっている計算です。これだと乳幼児の死亡等も入ってきてしまうので、違う見方もしてみます。日本人男性は、40歳までは98,058人が生き延びます。40歳まで生き残った人のうち、65歳まで生き残れるのは87,760÷98,058=89.5%、今の40歳の10人に1人は65歳までに亡くなるという計算になりました。今、健康な状態ではなかなか想像も難しいですが、統計上はこのように、必ずしも低い割合とは思えない数字が出ています。年金制度の破綻や日本経済の破綻を考える以前に、自分の健康の破綻を考えた方が良さそうです。

余談ですが、女性の場合は65歳まで生き残る人は93,844人と、男性とはかなり違う数字になっています。女性は強いですね。

幸せな老後目指してお金を貯めている方は多いと思いますが、老後に必要なお金がどれくらいか計算もせず、惰性で定年まで働いている人は結構いるのではないかと思います。仕事が楽しい、仕事が生きがい、仕事をしているのが幸せ、というのであれば、その楽しみを続けるというのが一番いいと思います。お金ももらえますし。しかし、仕事が楽しくない、大した仕事もないけど惰性で通勤している、老後にお金がいくら必要になるかわからなくて不安だからとりあえずお金を貯めるために仕事を続ける、という人が大半なんじゃないかと個人的には思っています。

もちろん、お金はあるにこしたことはないでしょう。老後、病気して入院や手術にお金がかかるから貯金とあわせて医療保険も手当しないと、と死なないようにするためにお金はいくらでもかけられます。でも、私は死なないためにお金はあまりかけたくありません。健康が破綻するまで、楽しい人生を送るために少しお金をかけたいと思っています。アリとキリギリスなら、キリギリス派ですね。70歳を過ぎる頃に人生の冬を迎える可能性もありますが、想像もつかない30年後より、目の前の25年を楽しく過ごす方を選びます。こうは書いていますが、一応90歳までは生きられる計算はしていますけどね。

必要もないのに楽しくないことをしているのであれば、さっさと切り上げた方が良いんじゃないでしょうか。やりたいことが他にあればなお良しですが、嫌なことをやめるだけでも人生が楽になります。必要か必要じゃないのかの判断ができないのであれば、仕事を続けてお金をもらい続けるのが無難です。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます2

>犬次郎さん

コメント&エントリありがとうございます。なんかそんな風に思われてたなんていやん恥ずかしい。
今、この立場だから言えることを上から言ってみた感じなのですが、いろいろと共鳴するところがあったとのこと、嬉しく思います。

お忙しくてお疲れのようですがブログ更新楽しみにしてます!

No title

成為さん

こんにちは!

とても人(犬)生の目的について考えさせられる素晴らしい記事でした!
犬次郎なりの考えも書かせていただきましたので、またご覧いただければと思いますよ!

コメントありがとうございます

>Sさん

お待ちしております。


>tannerさん

コメントありがとうございます。
腰を患って余計にリアリティが増しましたw


>とまさん

腰、こんなに悪くなったのは10年ぶり位2度めですね。ストレッチと筋トレに励みます。


>正吉さん

ご紹介いただいてありがとうございます。私は背負うものが非常に小さいので、何の責任もなくこんなことが書けますが、責任がある方のご意見は非常に重みがありますね。

生きるためにお金は必要ですが、過剰にお金を稼ぐと時間を失いますから、バランスをどこで取るかを自分で見極めなくてはいけないところですね。

No title

とても共感できるトピックでした。
感想と考えたことを、自分のブログに書いてみました。お時間あるときに読んでみてください。

全くの同意ですね
65歳から30年生きれば大往生だと思いますが
長生きしなさそうな私なので37歳からの30年を選びました 笑

ところで腰痛大丈夫でしょうか?
私も腰痛もちなのでぎっくり腰にはならないようには気をつけています
あの冷や汗は2度とごめんですね
ゆっくり休んでください

No title

「年金制度の破綻や日本経済の破綻を考える以前に、自分の健康の破綻を考えた方が良さそうです。」冒頭の言葉も名言ですが、これも名言ですね。エントリー全体も本質を突いていると思います。人間は自分で想像するほどは、決して長生きは出来ないんですよね(そういう人もいるので勘違いしてしまいますが)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。