記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

社会に要請される私と本当の自分

お恥ずかしながら、この歳になって初めて森鴎外の「舞姫」を読んでいました。ちくま文庫から出ている、井上靖による現代語訳です。

berlin over the top
berlin over the top / extranoise


頭は良いけど意志薄弱な男がドイツ留学中にはっちゃけて女を妊娠させたけど逃げてしまった話としか読めず、「ふーん」という感想しかない私は正直純文学的なものを楽しむ素養がないような気がします。現代語訳で読んだせいかもしれませんが、その訳をしたのは井上靖なので、訳が悪いというわけでもないと思うのですが。

この作品は短いのですが、終わったあとに夥しい量の解説がついています。このテキストの解釈について何人かがいろいろ述べていて、「ここの豊太郎はうんぬんかんぬん」と長々と書かれています。正直言って、この作品の何がそこまで熱狂させるのかはよく理解できませんでした。現代文の「ここで作者はどう思っていたでしょうか」というテストはこういう人たちが作るんだろうなあと思ったくらい。

しかし、この作品の主人公が、まわり、特に母に期待されてそのとおりの道を歩んでいたところで、ドイツ留学中で急に「まわりの期待に応える自分」と、「本当の自分」の齟齬に苦しむところは共感できるところでした。

あまり何も考えずに大学に入り、就職し、結婚もせんとな、子供も作らんとなと婚活をしていた道の上で、どれだけ「自分がこうしたいからこうする」という選択があったのかと思い返します。最終的にはしたいようにしてきたのでしょうが、やはり周りの人がそうしてるからとか、親がそう望んでるからだとか、友人たちによく思われたいとか、そうした環境からの要請に答える形でこれまでの人生の多くを費やしてきたのではないかと思います。

セミリタイア生活については、そこら辺のしがらみではなく、自分がやりたいと思ったことを選択した結果です。とはいえ、社会のしがらみが全く気にならなくなったわけではないですが。

この作品の主人公は、最後は「社会に期待される自分」を選んでしまうところで終わります。結局、その方が楽なんじゃないでしょうか。周りの空気を読んでいくと進む方向が制限されるので、考えずとも流れに身を任せれば良いだけです。自分のやりたいこととの折り合いはつけなくちゃいけませんが、最悪、「自分が不幸なのは社会のせいだ」と言っておけば自己満足は得られます。自分の幸せは自己満足の上にしかありませんしね。

水が低きに流れるよう仕事を辞めて無職生活に入ってしまったことへの言い訳を急ピッチで思いつくようになったかもしれません。


↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます

>mushoku2006さん

「舞姫」、短いのですぐ読めますよ。あんまり良い感想を書いていないので言うのもなんですが。

挫折と成り行き、まあ成り行きですよね(笑)

No title

私も「舞姫」は読んだことがありません。
教科書か何かでさわりくらいは読んだ記憶がありますが。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

従姉妹に昔からリタイアを指向していたのか?と先日尋ねられたのですが、
正直に、挫折と成り行きでこうなりました、と答えました。
( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。