記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

通訳案内士試験を受けてきたけど、本当の修羅場は試験後にあった

先週の日曜日に、国土交通省管轄の通訳案内士試験というものを受けてきました。外国からの観光客をガイドするのに必要な資格とのことです。が、多分資格がなくてもガイドしてる人が多いんじゃないでしょうか。そんな資格です。語学系だと唯一の国家資格かな?



一次試験は夏にあったのですが合格して、この前の日曜日は2次試験の面接でした。朝から会場である三軒茶屋の昭和女子大学に行ってきました。なんと、女子大で試験!合法的に女子大に入れる!と喜ぶ年でもありません。三軒茶屋というなんとなくおしゃれな響きの街に行くことのほうが楽しみでしたが、高速道路が上を走っていて場末な雰囲気でした。たぶん、おしゃれなエリアから外れていたんでしょうが。


しかし、女子大で試験というのも不都合なところがありますね。一番きつかったのはトイレ。受付前にトイレに行こうと思ったのですが、男子トイレは個室が1つしかなく大行列。コンサートとかで、女性がトイレに並ぶのを横目にすきすきの男子トイレに悠々と入っていたバチがあたったのかもしれません。

紆余曲折があり受付を済ませて待合室に入ったらこれが驚きました。もうアラフォーのおっさんなので、受験者の中で一人年をとっていて悪目立ちしないかなあとちょっとだけ不安だったのですが、見渡す限りおじいさんおばあさん…とは言いませんが、明らかに自分よりも上の人ばかり。平均年齢50歳くらいなんじゃないでしょうか。

「この資格を取って、通訳ガイドになろう!」っていう若い方々が受けているのかとてっきり思っていたのですが、私みたいに趣味的に資格をとろうという人が多いんでしょうか。定年退職後の嗜み的な。ガイドの資格では食べていけないみたいですしね。

そんなこんなで、大講堂で集合させられ、注意事項を聞いて、それよりも小さな待合室まで連れて行かれました。大講堂には200人くらい?だったのが、普通の教室を使った待合室では40人くらいに。携帯電話の電源を切ったり、その時間帯の全員の試験が終わるまでは外にでられない(!)などの注意を受け、ものものしい雰囲気。飲み物はいいけど食べ物は飴やガムも禁止なので、お腹が空かないようにしとかないといけないかもしれません。飲み物も皆さん飲んでませんでしたね。私は水筒に入れたホットコーヒーをぐびぐびやっていて、後々後悔することに。

そこからは5~6人くらいずつ呼ばれ、各教室のすぐ外にある席で1人ずつ待機。これが寒かった。ほぼ1人ずつに監督というか見張りがついていてさらに緊張(というほど私は緊張してませんでしたが…)。

前の人が終わって出てきて数分してから教室に呼ばれました。中には外国人と日本人が1人ずつ。指定の場所に荷物を置くように指示され、席につくと、名前とどこから来たのか聞かれました(英語)。そこからは基本英語でしたが、問題の説明は日本語でした。

最初の問題は、日本人が話した短い文章を英語に逐次通訳するもの。私が当たったのはこんな感じ。頭のなかで整理済みなので正確な内容じゃないですが。メモは可能でした。

日本では昔からさまざまなお祭りが行われてきましたが、豊作などを祈願する、農業に関連するものが主でした。ただ、現在では、観光客を集めるため、地域おこしとして行われるお祭りが増えています。



豊作ってなんて言うんだろ?とか地域おこしって?とかいろいろつっかかって言い換えながら返答。

次の問題は、置いてあった3枚のカードから1つテーマを自分で選んで説明してするもの。準備に30秒、プレゼンは2分程度とのこと。私が当たったのはこのテーマ
・初詣について
・明治維新について
・(忘れた)

明治維新ってなんて言うんだっけなーRevolutionじゃなかったなーと思って(Restorationでした)、初詣を選びました。

お正月は日本では一番大きな祝日の1つで、多くの人が新暦1月1日に神道の神社を訪問して、その年の多幸を祈る。テレビなどでも報道されるが、有名な神社を訪問する人の数は数十万人におよび、大変混雑するので行くなら注意してください。

的なことを話したと覚えています。2分間も話せず、ちょっと短かったみたいです。その後、外国人面接官から質疑応答がありました。

・神社の前にある箱は何ですか?
→賽銭箱と言って、神社にお参りしてお祈りをする際にいくらかのお金を喜捨するもの。お祈りのプロセスの前に5円でも10円でもいくらでもいいのでお金を入れる。

・京都で初詣に行くならどこがいいですか?
→京都のことは詳しくないので、調べてお答えしたい。

・東京では?
→原宿エリアにある明治神宮が有名だが、大変に混雑するので、そういった雰囲気が好きならお勧めする。混雑が好きでないなら、泊まっているホテル近くの小さめの神社の方が良い。

・あなたの出身地で初詣に行くならどこがいいですか?
→(うちの地元の神社の名前と、そこがなぜいいのかの理由を話す)



以上で終了となりました。全部で8分と言われていましたが、私が当たった面接官は短めだったようです。というか、私があんまりまともに答えられてなかったのかも…。

しかし、本当の修羅場はその後にありました。

コーヒーgkgkしてたのに加え、待っている間けっこう寒かったので、催してしまいまして…。試験が終わった後の小待合ゾーン(廊下の端、トイレの前)に、同じ時間帯に面接を受けている人が集まるのですが、そこに着いてすぐかかりの方に「トイレ行きたいんですが…」と言ったら、

「すみません、あと20分待てますか?」

との衝撃の回答が。20分?5分とかの聞き間違いじゃなくて?なんということでしょう。とりあえず「頑張ります」と答え席につく。廊下なので寒い。それから、結局12-3分で次の大きな共通待合室に連れて行かれ、すぐに用を足すことができましたが、その10分強がとても長かった。この試験での一番の思い出は、受かったとしても落ちたとしても、面接試験後のトイレ待ちのことになっちゃいますね。来年以降試験を受ける人へのアドバイスは、「トイレは事前に」「水分は控えめに」かな。

合格発表は2月5日。さて、どうなることやら。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントありがとうございます

>らいくむさん

私は一次試験の日本史に一番苦労しましたが、らいくむさんなら問題ないのでは?

女子大での試験、大変ですね…寒い時期なのに。

No title

そのような資格があるのですね。
明治維新のような日本語のみの単語はとっさに出てきそうにないです。
きちんと準備しないと難しそうですね。

ちなみに私はセンター試験が女子大で男子用の仮設トイレが並んでいる光景が記憶から未だに消えません。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。