記事一覧

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

Kindleショップで100円セールしていたので購入。
これ以上ないくらい有名なブログ「404 Blog Not Found」を書かれている小飼弾さんの本。

自分自身を会社に見立て、ヒト・モノ・カネの3側面からバランスシートを作って見なおそう、というお話。

前半部分は示唆的な箇所が非常に多く、本書で反対されているにもかかわらず「ハイライト」した部分がかなりありました。そうして、「ここは賛成」「ここは違う」「これは新しい視点」と見直すところが多数。逆に後半は読み飛ばした感じでしたね。

本文でも指摘されていましたが、やはり作者は「マッチョ」だなあと思いました。批判しているのではなく、私のような「ウィンプ」とは違った発想をされていると思います。他人に対して影響力を行使できると思っているところが一番の違い。ここらへんの違いにより、踏み込んだこと言ってるなーと思うところが多々ありました。

Kindleだとページ数がわからないので、ページ数なしで引用を。
1点、リタイアのバランスシートについて考えだしたら長くなってしまったので、その部分は書評としてではなくそれだけ別記事にします。「仕事と借金は本質的には同じである」という件。

100円ですし、ページ構成が固定されておらずページ数がわからないという事以外は読みやすく編成されているのでお薦めです。


第1章 ヒト

例えば、年収200万円でも、ケータイやパソコンといったコミュニケーションや知的生産に使えるツールをもてますね。同じ200万円でも、昔と今では買えるものがずいぶん変わりました。


20年前とくらべてもここらへんはだいぶ変わりましたね。あまりお金を使わなくてもやれること、楽しめることがだいぶ増えたと思います。


営利事業者が経営を立て直すためにできることは2つ。経費を削減するか、売上を伸ばすか、です。
(中略)
思い通りにならないお客にお金を払ってもらおうと躍起になるより、自分でコントロールできる経費削減から始めるのが楽に決まっています問題を解決するための基本は、自分でできることからやるということです。


リタイア生活では(投機をしない限り)売上(=収入)は伸ばせませんので、リタイア生活のバランスシートでは経費(=生活費)を削減することに集中しなくてはいけませんね。


時間を取り戻すことは神でも不可能です。


生きていくために本当はいくら必要かを綿密にはじき出してみると、以外なほど安い金額になるものです。


10万円で生活するとか見ると確かにそう思いますね。ちょっと真似できませんが・・・。ただ、少し節約しようと意識するだけでそこそこ変わってきます。私も節約を意識しだしてから2割くらい生活費が落ちました。


読みたい本からどんどん読んでいきましょう。極端な話、読むのはマンガでもエロ本でもいいのです。
 しかし、1つ気をつけていただきたいのは、本を読了しても、それは読書の半分にすぎないということです。本を読み終わったら、今度は「自分を読んで」見てください。その本を読む前の自分と読み終わった後の自分がどう変わったか。読書の質は、この差で測れます。これを必ずやってください。


テレビでも本でもいちいちツッコミを入れながら見る・読むのが良いということですね。私もこういったツッコミのような感想文を書きながら、本で言われていることを反芻しています。手間はかかるんですけどね。


僕は、本にまったく付箋を貼りません。付箋を貼るのは、情報を固定化する行為なんですよ。本に書いてあることが完全に理解できていなくてもいい。「だいたいこんな感じ」と曖昧にしておくことも重要です。


妄想プロフィールにも書きましたが、私は短期記憶が非常に弱いです。年号とか人の名前とかさっぱり覚えられません。文系なのに歴史は散々でした。マンガ世界の歴史とかは貪るように読んだんですけどねぇ。働き出してから1度、自分の国の歴史くらいはちゃんと勉強しないとなあと思って山川出版社の日本史を読みなおしてみたりしましたが、やはり資料集とかの方が楽しいんですよね。あーこれプロフィールに追記しとこ。

と、全然関係ない話をしてしまいましたが、上記については森博嗣「人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか」で書かれていた、抽象思考の重要性と同じことですね。具体的な情報と言うよりも考え方のパターンを蓄積する重要性ということか。


情報洪水に溺れないコツは、一方的に送られてくる「プッシュ型」の情報を一度全部捨ててみることです。
(中略)
Webサイトをテレビ代わりにだらだら見るのも止めましょう。


テレビ、新聞はもうほとんど見ないのですが、Webのだら見だけはまだ止められません。最近ネットの調子も悪いし時間制限でも付けてみようかな・・・リタイアした暁には(いつの話だ)、やります(弾言)。


効率がよい勉強方法としては、自分が学んだ内容をブログに書くことが挙げられます。書くことで自分の知識が整理されるということも大きいのですが、それ以上にありがたいのは他人にツッコミを入れてもらえることです。
(中略)
手軽なアウトプットはブログですが、いずれにせよ、得た情報は自分なりに消化吸収するという習慣を付けるのが重要です。


皆様からのツッコミ、お待ちしておりま~す。本当に。
このブログを始めてから、確かにアーリーリタイア、セミリタイアに関する知識が整理されてきました。メリデメはありますが…。


おそらく、自分の実入りはある程度コントロールできるけど、世の現状に憤っている、しかし世の中を変えるだけの力は自分にはないと思っている人でしょう。こういう人は自分のことを優しい、思いやりのある人間だと考えているようですが、僕に言わせればそれは違う。面倒なことは他人にまかせて、自分は何もせずに優しいフリをしているだけにすぎないと思います。他人に優しくしたいのであれば、まず自分が強くなるのが先決です。人の力で、自分が優しいフリをするなと言いたい。僕にとっての偽善者の定義はそれです。


まさに私はこんな感じですね。ここがマッチョとウィンプの違いなんでしょう。他人に対して影響力を行使して変えさせることができると信じている人と信じていない人の違いかもしれません。でも他人から嫌われたくないので優しいフリをします。優しいのと優しいフリをするのに、現象面で何か違いはあるのでしょうか。
いずれにせよ、面倒なことは他人に任せて、他のなんでもない自分だけの人生を楽しみたいと思っています。


第2章 カネ

しかし、世界人口はいずれ頭打ちになり、世界全体が日本のような少子高齢化社会になっていく可能性もあります。僕自身は、最終的に世界人口は80億人に届かないのではないかと考えています。現在、出生率の世界平均は2.3くらいで、2.1を切るのも時間の問題だと言われています。実際の世界人口は、国連の人口予測を下回り続けているのです。


世界経済の成長を信じてインデックス投資をしている身には痛い情報です。経済成長は基本的に人口の増加と技術の発展が要素となるので。


生き方の最適解は、個人ごとに違っています。自分の居場所を入力したら最適解が出てくる方程式はありえるかもしれませんが、パラメータは各人で違うでしょう。
(中略)
自分が何を持っているのかをきちんと知れば、不思議なことに無理な消費行動はしなくなります。体のダイエットだけでなく、自分の人生もダイエットしてみるべきです。
そのためには、家計をバランスシートで把握することも有効です。


以前、早期リタイアの可能性の検討という記事でも書きましたが、早期リタイア、セミリタイアをしたいと考えたら、まず最初にすべきなのは資産と生活費の把握です。つまり、家計のバランスシートをつくるということ。
そうすると節約できるところが見えてきて、結果としてリタイアも早まると思います。(リタイアしていない私がいう話ではないかもしれません)


第4章 モノ

どんなモノでも、せいぜい80年レンタルにしかならないんですよ。


執着心を捨てたいものです。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: 本を読んだ後、自分を読むという反芻行為の大切さ

読んだことをメモっておかないと覚えて置けないんですよね。
でもメモを作るのは何か心に引っかかったときだけで、他は書名、著者名、読了日を記録してるだけですね。読んだことを忘れて同じ本を何度買ったことか…。

本を読んだ後、自分を読むという反芻行為の大切さ

本を読んだ後、自分を読むという反芻行為
とても大事なことだなと改めて思いました。

うちの子供に一日あったことの振り返りをさせていた時期がありました
その習慣を身に付けさせると、反芻が自然と身につく
と何かの本で読んで実践していたんですが
親子ともに面倒臭がりなので、止めてしまったのですが
大事なことだったんだなと思い起こしました。

成為さんは洞察の深い方のようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)