記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ハッピーリタイア計算ツールver.1.0

やっとできました!ハッピーリタイア計算ツール公開です!
Googleスプレッドシートサイトの公開と、簡単な使い方をこの記事で説明します。詳細版はまた別記事にします。

現在の年齢、金融資産額、年間支出額、リタイア開始年齢、年金受給開始年齢、利回り、インフレ率などのパラメータを入力すると、リタイアの資産額の推移を100歳まで計算しグラフで表示するツールです。このブログの目的であるアーリーセミリタイアだけでなく、通常のリタイア後のファイナンシャルプラン作成も可能です。
tool1.jpg

サイトは↓にありますが、最初にクリックする前に、その下の注意事項と説明をよく読んでからご使用ください。直リンもOKですが、アドレスが変わるかもしれないので、この記事のアドレスにしていただいた方が良いかも。

●エクセルファイルはこちら
(ダウンロードしてお使いください)

●Web上で編集可能なサイトはこちら(Googleドライブ)
(Web上で全部計算出来ますが、注意事項あり)

※追記(2013/5/20):バグがありましたので直しました。
・リタイア後の収入の年数の設定で、年金受給開始年齢以上の年齢まで収入があるように入力すると、その収入が年限を超えて100歳まで続いてしまう、というもの。
・インフレ率-マクロ調整スライド率がゼロ以下になるような場合は、ゼロ以下にはならないにもかかわらずマイナスになってしまうもの。
→申し訳ありません。もしこれまでダウンロードされたりWeb上で使った方で、このような検証をされている方がいらっしゃったら、新たに試算をやり直してください。よろしくおねがいします。

※追記(2013/7/3):シミュレーションにあたっては、こちらもご参照ください。
> 間違った安心感を与えるリタイア試算
> リタイア・シミュレーションまとめ





注意!Googlesスプレッドシートサイトは2つ


このツールには2つのサイトがあります。
・エクセルファイルを置いているサイト(ダウンロードして編集可)
・Web上で編集可能なサイト

私のお薦めは、

・エクセルファイルをダウンロードしてご自身のローカル環境で使う
・Web上で編集可能なサイトにアクセスし、ご自身のGoogleドライブにコピーしてGoogleスプレッドシート上で使う

のどちらかです。
※後者だと自分のシミュレーション結果が簡単にWebで公開できますよ


エクセルファイルをダウンロードして編集する場合
上記リンクをクリックすると自動的にダウンロードが始まりますので、ダウンロード後ローカル環境のエクセルやOpen Officeなどのスプレッドシートでご利用ください。行の高さやグラフの大きさなどは適宜調整してください。
※私がやってみたところ行が潰れてしまっていたので、行の高さを適宜変えて使ってみてください。

Web上で編集可能なサイトにアクセスし、ご自身のGoogleドライブにコピーして使う場合
Web上で編集可能なサイトにアクセスし、Googleスプレッドシートを表示後、左上の「ファイル」→「コピーを作成」→ファイル名を付けてOK→ご自身のGoogleドライブで編集可能

※ここからxlsx、csvなどの表計算ソフト用ファイルのダウンロードをする場合
左上の「ファイル」→「形式を指定してダウンロード」→xlsx、csvなど必要なファイル形式を選択するとダウンロード開始。下の注意1>にあるように、Googleアカウント名が表示されますので、気になる方はログアウトしてからアクセスしてください。

Web上で編集する場合
以下のような場合には、Web上で編集可能なファイルをご利用ください。
・成為とかいう得体の知れない人が作ったぁゃιぃファイルをダウンロードしたくない
・ご自身のPCにエクセルなどの表計算ソフトがない
・Googleアカウントを持っていない
・とにかくWebで完結させたい

注意1>ただし、Googleアカウントにログインしたままアクセスすると、アカウント名が表示されてしまうので、もしそれが嫌な場合はログアウトしてからアクセスしてください(自分のGoogleドライブにはコピー出来ないですが…)。

注意2>見ている人が誰でも編集でき、入力するたびに自動保存されてしまいます(これをオフにしたかったのだがオフに出来ない)。ですので、他の人が入力しているときは別シートに移って、他の人が使用しているシートに別な数字を上書きしないようにしてください。いちおうTOOL1からTOOL5まで5シートコピーを作ってあります。(下の方にタグのようになっています)

注意3>使い終わった後は数字を全部クリアした方が良いかと思います。また、使用中は他の方に見られる可能性があります。なお、成為は変更履歴が見られる立場にありますので(シートが壊れたりしない限り見ませんが)、成為や他の人に見られたくない場合は、ローカル環境または自分のGoogleドライブにコピーして使用してください。



使い方の説明(簡単バージョン)


ハッピーリタイア計算ツールのリンクを開くとGoogleスプレッドシートが開きます。イメージはこんな感じです。
※公開用Webページのため編集不可


グラフの下に入力項目がありますので、シミュレーションをしてみたい数字を入れていきます。基本的に税引後の数字を入れてください。

入力すると表とグラフが更新されます。いろいろいじくってみてください。
左上のプリンタアイコンを押すと、プリントアウトないしPDFへの出力が可能です。

ケーススタディをいくつかやっていますので、こちらもご参照ください。
>ケース1.中年独身成為妄想男
>ケース2.43歳無職ドケチさん
>ケース3.ちょっとだけリタイア先取りおしどり夫婦
>ケース4.仕事が嫌い新卒木津小都子さん

各項目に関する詳細な説明はこちら↓
リタイアのシミュレーションの必要なもの(1) ※1.~6.まで
リタイアのシミュレーションの必要なもの(2) ※7.~12.まで
リタイアのシミュレーションの必要なもの(3) ※12.~18.まで

【必須項目】
1.現在の年齢 ※20~100の間で入力
2.現在の金融資産額
3.年間支出額(リタイア前)
4.年間支出額(リタイア後)
5.リタイア開始年齢 ※現在の年齢以上を入力
6.年金受給開始年齢 ※リタイア開始年齢以上を入力
※別に正しく入れなくても勝手に計算しますが、数字が変になります

以下は、必要なもののみ入力、なければ空欄
7.リタイアまでの年間運用利回り(税引後)
8.リタイア後の年間運用利回り(税引後)
9.年間インフレ率
10.現在の家計収入(手取り)
11.リタイアまでの収入増加率(年率)
12.退職金額(税引後)
13.リタイア後の年金以外の収入(税引後)
14.リタイア後に年金以外の収入を得る年数
  ※バイトなど年限ありの収入を入力
   ずっと死ぬまで続くものは4.年間支出額から引くこと
   失業給付金など一時的なものは一時収入/損失に記入
15.年金受給年額(税引後現在価値)
16.マクロ経済スライド率 ※分からなければ-0.9と記入
17.消費税分インフレ調整
  ※現在の年齢(シミュレーションのスタート年齢)時点の物価水準を消費税分上げて計算するもの
18.その他一時所得(税引後)/損失
  ※401kの一時払い、退職年度および翌年度の住民税・国民健康保険料などの一時的な支払い増大、リーマンショック級の有価証券価格急落による一時損失など



ハッピーリタイア計算ツール使用に当たってのお願い


よくわからない点や、挙動がおかしい点、改善点など、フィードバックをお待ちしております。ぜひコメントか、メールフォームでご連絡ください。

こんな気合入れて作りましたが、何人の人に使ってもらえるんでしょうかね、これ。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

有難う御座いました

ネットで探して一番詳細なシミュレーションだったのでExcel版を使わせて貰いました。有難う御座いました。
ところで、税金等の非消費支出はどこに計上すれば宜しいでしょうか?
また、ゲインの高い年間インフレ率は小数点まで入れられると良いと思いました。(入れられる様にして使わせて頂きました)

Re: 使わせていただきました。

>鶯餅さん

数ある計算方法の一つですので、他のやり方でもためしてみてくださいね。

使わせていただきました。

面白いシートですね。
やっぱりおひとりさま5000万円は欲しいですね・・・
現在の資産だと貧乏節約生活でギリギリでした。

Re: 所得税率は?

>名無しさん

そうですね、そういった計算ができるツールがあるといいですね。誰か作ってくれませんかね…。

所得税率は?

とても有用そうなツールですが、収入増加率の設定が悩ましいですね。というのも昇給率(税込)は比較的推測できますが、現在の税制では所得に応じて税率が上がることによって実質の収入増加率はグッと下がるわけで。
贅沢を言えばパラメータを税込み年収と昇給率にして、手取りは自動で計算できると良いなと思いました。

Re: お礼~

>tamaさん

コメントいただきありがとうございます。
ツール、お役に立ったようでよかったです!

お礼~

50を目標に・・・と漠然と思っていたものの、だんだん近づいてくると、いけそうなんだか、ダメなんだか。。。と、悶々。あちこち覗いて、こちらにたどり着きました。

最近急に気になってきたインフレをどう計算したらいいものかと思っておりました。計算ツールったらすごいです!なるほどです。感謝です!

Re: 勝手に使わせて頂きました

>槙さん

いえいえ勝手にどうぞ~。
結局最後は決断の問題で、こういったシミュレーションは言い訳を作ってるだけなんですよね。でも心の安定は重要ですから。

勝手に使わせて頂きました

すみません、実はエクセルで計算した後、成為さんのツールも使わせて頂きました。インフレ率はまだしも、マクロ経済スライド率とか???という感じなので、私の記事内ではスルーしましたが、何歳まで生きられるか?という部分についてはそんなには誤差はありませんでした。
数十年先のことなど誰にも予言できなく、自分で決断せざるを得ないのですが、それでも他の方が同じような考えをしていると思うとちょっと安心してしまいますね。

Re: 使ってみました

>バネさん

コメントありがとうございます、いつもブログ拝見してます。
使っていただいてありがとうございます。バネさんは資金量が違いそうですし、リタイア後の収入も違いますからね~。お子さんもいらっしゃって、正直羨ましいです。

使ってみました

早速、使わせてもらいました。
予定通りの場合と運が悪いとこうなるかも?の2パターン入力してみました。
両方とも無事?100歳まで黒字でした。
これで、すぐにリタイアできることが判りました!

Re: タイトルなし

>さゆりさん

コメントありがとうございます!医療費についてはまた別途記事にしますね。簡単に。

健康・医療についての費用ですが、厚生労働省が生涯医療費というのを発表しています。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/syogai.html
男性と女性で違います(女性の方が高い)が、生涯でかかる医療費は平均2400万円とのこと。ただ、人によってかなりブレがあると思いますので、中間値をとったらもっと小さくなると思います。

私は、記事にも少し書いたかもしれませんが、リタイア後は毎年10万円ずつ医療費として分けて予算を設定して、使わなかった分は積み立てていく予定です。これまでの人生で一番使った時でも年間5万円くらいだったと思うので、若いうち(笑)はある程度ためられます。医療保険には入っていません。

低所得者に対する医療費の補助のしくみがそこそこ手厚いので、これでカバーできるんじゃないかと思っています。老後、80近くなったら老人ホームなりケアハウスに入るくらいの余裕を持った計画も立てています(が、実現するかどうかは不透明・・・)。

はじめまして。計算ツール面白いです。

ただ、ざっと拝見させていただいたところでは、死ぬまでずっと自立して生活できるようなケースかと思います。しかし、現実問題、年を老いてくれば、自立が難しくなり、ケアも必要と思います。病気にもなります。もちろん個人差が大きいとは思いますが、平均値というのもあるかなと・・平均的なシングルの人が、病気・もしくはケアが必要になってから、死亡するまでの費用というのは、どれくらいなんでしょうね?その費用も、加算すべきでは?と私は思うのですがどうでしょう?
(細かい事を言えば、葬式・残務整理などの費用も。)

思わないなら、その理由をお聞きしたいです。

私自身が、その経費の計算がわからないので・・
書いてある事がすばらしく、明確なので、ちょっと質問してみたいなと思ったので・・すみません。

死ぬまで元気で、最後にぽっくり死ねる人って、少ないと思うのですよ。

Re: タイトルなし

>zさん

コメントありがとうございます!使ってくださる人がいて嬉しいです。過分のお褒めのことばまで頂いてしまって…。

ツールは結局ツールに過ぎません。入力する前提によって結果は大きく変わりますので、ぜひ安全側でご検証ください。

使わせていただきました。ありがとうございます。
分かりやすくて,見た目もきれいですね。

45歳までにで完全リタイアできる状態を目標にしていますが,計算結果を見ると,意外と何とかなるものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ハッピーリタイア計算ツール:ケース2.43歳無職ドケチさん

ハッピーリタイア計算ツールを使った、成為さんのシミュレーション結果は目も当てられない結果となりました。残念なことです。 さて、つぎにすでに退職されている方のシミュレー
スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。