記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

親不孝、リタイアへの最難関

リタイアに際して、お金の問題と同じように、あるいはそれ以上に問題となりうるのは、身近な人たちに、どのように、どこまで説明するのか、という点じゃないかと思います。少なくとも、私にとってはそうです。

コメントさせていただきましたが、「無職生活への道~」(黒ぬこさん)の「柵と無職生活」というエントリに、こういう文章がありました。

口には出さないけれど、親としては自分に
このまま仕事を続け、結婚して、家庭を築くという
ごく一般的な幸せを得て欲しいと思っているんだろう

その願いを叶えてあげたいとは思うけれど
でも、それは自分の望む生き方じゃないというジレンマ

自分の生きたいように生きるという人生
親の願いを叶える人生
どちらを選んでも後悔がつきまとうような選択肢

これしか残されていないのか?

これ以外に道は無いのか?

暗中模索の日々を重ねるだけしかできないのが苛立たしい…




私には別居の扶養家族が1人おります。
私が食うに困らない職につき、結婚して、子供をもうけることを心から願っている人です。家を継ぐとか、苗字を遺すとか、そういうことではなく、私がいわゆる「幸福な人生」を歩むことを望んでいると思います。

私にとっては、独りで子供もつくらずに、仕事もしない人生を送ることでも幸せなのですが、彼女から見たらそうではないでしょう。というか望んでこのブログを見るようなレアな方々以外は、そうは思ってくれない人が多いと思います。

近しい友人には「セミリタイアするから」と言えると思います。いろんな反応が予想できるけど、好意的に取ってくれたら嬉しいですし、否定的に取られても、それはその人の考え方だから、どうってことありません。

知り合いや親戚には、適当にぼかして言っておけば良いと思います。それこそファイナンシャル・プランナーとして独立して、収入は少ないけど頑張ってる、こんどお金を払って雇ってくれとでも言っておけば良い。嘘ではない。

ただ、彼女だけにはちゃんと言っておきたい。
道義的な側面と、物質的な側面において。

物質面では、リタイアしたら、もう今のような仕送りはできませんから。でも、そのころには彼女は年金をフルでもらえているはずなので、生きるか死ぬかという意味ではおそらく問題はないとは思います。

おそらく、彼女は驚くかもしれませんが、私の選択を否定するようなことはないと思います。でも、この歳で結婚せずに「セミリタイアする」なんて言ったら、ほぼ結婚と子供を諦めるという意味にとりますよね、普通(諦めはしないつもりですがw)。

彼女の人生において最大の失望になるんじゃないかと、非常に恐れています。今、私が失望させたくない人No.1に失望されてしまうのが怖い。マザコンと言われようとも、そう思うのだからしょうがない。

自分の人生のあり方を自分で自由に決めたくて早期リタイアをしたいのに、ここにきて生まれた瞬間にすでに発生している制約条件に阻まれるている。まったく大人になれていない。

それとも、知り合いや親戚に言うように「転職してフリーランスになった」とでも言っておいて、ある程度安心させておけばよいのだろうか。問題を彼女の死まで先送りにしているだけじゃないのかとも思う。

まだ答えは出せていない。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>きむきむさん

きむきむさんほどのリッチなリタイアでもですか?でもやはり身内に無職というのは世間体的にはきついんでしょうね。しかし正直に言われたのは尊敬です。私は多分親と近しい友人以外には言えないと思います。姑息でもなんでもないですよ。

私も、リタイアするときの最大の難関は、
「親・兄弟・親戚にどう説明するか」でした。
金の問題より、はるかに悩みましたね。
結局、リタイアする2、3年前から、
何となくほのめかしつつ、
じわじわと悟らせていくという姑息な手段に出ました。

Re: 親孝行は続けましょう

>WATANKOさん

物質的にはそこそこ親孝行してるので、リタイアできたら今よりも頻繁に帰るようにしたい、といっても交通費がかかるのでうーん。スカイプかな(笑)

そうですね、いろいろと考えてみます。ありがとうございます。

Re: タイトルなし

>retire2kさん

親にはもともと「結婚しろ」とは言われないんですよね。親戚がうるさいです。
親と一緒に住むのは、親が関東圏に出てきてくれれば良いんですけど、実家に帰って同居は避けたいんですよ。甚だ自分勝手なのですが。

親孝行は続けましょう

親御さんの希望は叶えてあげられない代わりに成為さんなりに別の形で親孝行を続けてあげられれば、それはそれで親御さんは幸せだと思いますよ。少なくとも第三者からはそう思えます。

親孝行は続けましょう

親御さんの希望は叶えてあげられない代わりに、成為さんなりに別の形で親孝行を続けてあげられれば、それはそれで親御さんは幸せだと思いますよ。少なくとも第三者からはそう思えます。

30代はともかく、40後半になってから結婚・子育ては
現実的ではないので諦めもできるでしょう。
先々の心配はされますが。

親孝行という意味では親が一人で寂しくしてるなら
一緒に住んであげるのが一番だと思います。

40過ぎたら段々「結婚しろ」と言われなくなってくるもんですからw

Re: タイトルなし

>mushoku2006さん

実際そうなんでしょうね。
精神的には最大の壁なので、ここを乗り切ったらあとは一直線かと思ってます。

案ずるよりも産むが易し、ですよ。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

時が解決してくれる、というのもあります。
( ̄ー ̄) ニヤリッ

Re: わかります

>働く外こもりさん

最悪黙っていてもわからないんですけどね。
余計な期待を持たせないほうが良いのかどうか・・・というところですね。

わかります

こんにちは、働く外こもりです。
僕のブログにコメントありがとうございました。
僕も、リタイアするにあたって最大の悩みは親です。。
金銭的には親も年金をもらっているし、持ち家だし、そのへんの心配はないはずですが「期待を裏切る」ことと「将来への不安を持たせる」ことに躊躇しています。 いつ言おうか、言わないでおいたほうがいいのか。
幸い海外にいるので黙っていてもわからないと思うのですがね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。