記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

早期リタイアに特化したWeb計算機~FIRECalc~


アーリーリタイアの本場(?)アメリカからの話題をまた。アメリカにかぶれかかっているかもしれません。

FIRECalcという、フリーの早期リタイアWeb計算機があります。アメリカのやつなので、幸か不幸か英語です。
http://www.firecalc.com/

FIREは、「早期リタイア、それはFIRE」で書いたように、Financial Independence & Early Retirement、経済的な独立とアーリーリタイアのこと。FIRECalcは、早期リタイアに特化したweb計算器です。米国にリタイア計算サイトは数多くあれど(バンガード社も提供してる!)、早期リタイアに特化してるのは珍しいと思います。

私が作ったへなちょこな「ハッピーリタイア計算ツール」なんかとは大違いで、かなり使える計算器なので、英語というハードルはありますが1度試してみるのはいかがでしょうか。

FIRECalcのシンプルな使い方


一番簡単な使い方は、トップページの中央右側にある「Start Here」のボックスに3つの変数を入力するだけです。

・Spending : 年間支出額
・Portfolio : 現有金融資産額
・Years : リタイア後の年数

もちろんすべてドル表示ですが、今ちょうど1ドル100円計算ができますので、円の額を100で割って入力すれば良いだけなので簡単。年間生活費100万円!なら、10000となります。


さて、ここでハッピーリタイア計算ツール・ケース1.で登場した中年独身妄想男を召喚してみましょう。

・年間支出額は205万円=20,500ドル
・45歳時の金融資産額はだいたい5500万円=550,000ドル
・45歳から90歳まで生きる予定なので、リタイア後は45年間

これをStart Hereのボックスに入力すると、結果はこうなります。
FIRECalc result Case1

Here is how your portfolio would have fared in each of the 96 cycles. The lowest and highest portfolio balance throughout your retirement was $-492,662 to $10,761,285, with an average of $1,968,592. (Note: values are in terms of the dollars as of the beginning of the retirement period for each cycle.)

For our purposes, failure means the portfolio was depleted before the end of the 45 years. FIRECalc found that 4 cycles failed, for a success rate of 95.8%.

96回試行し、リタイア生活を通じた金融資産額は-492,662ドルから10,761,285ドルまでの幅にあり、平均は1,968,592ドルとなる(価値はリタイア開始当時のもの)。

うち4回の試行でリタイア終了前に資産額がマイナスになる。リタイアの成功率は95.8%。



アーリーリタイアweb計算機の結果をどう読むか


この結果を見てどう思いましたか?

中年妄想男「おう、俺のポートでリタイアの成功率は95.8%か、悪くないな。あわよくばビリオネアにもなれるらしいしいっちょリタイヤすっか!」

と安直に取るのも悪くないんですが、この中年妄想男さんはどうやってこの計算がなされているか解っているんでしょうか。せめて前提条件だけでも理解しておいた方がよろしいかと。

ここでFIRECalcはどういう前提で計算をしているのでしょうか。

・米国株式75%、米国債券ファンド25%の「カウチポテト」ポートフォリオを持っていた場合の運用成績(手数料率は0.18%)。
・1871年以降の毎年をスタート地点と仮定して、このポートフォリオが運用期間中どのようなパフォーマンスを示すのかシミュレーションする。
・支出額も同様に、米国消費者物価指数でインフレ調整を行う
・年金は考慮に入れない

といった条件で、96回シミュレーションを行なっています。1871年から1965年までということでしょうかね。(45年間のシミュレーションが必要なためか)

1929年の大恐慌とか、1973年のオイルショックあたりにスタートさせるシミュレーションだと赤字になる計算かな、と想像します。

実際の過去のデータを使って、リタイア成功の可能性を確率で示してくれるのが非常に有用だと思います。ただ、注意しなくてはいけないのは、FIRECalcトップページにも書いてある以下のことです。

How can FIRECalc predict future returns from past performance?
It can't. And it doesn't try. In fact, it tries to predict what will not happen. This might sound confusing, but it's really simple.

FIRECalcはどうやって過去のパフォーマンスから将来のリターンを予測しているの?
FIRECalcにはそんなことできないし、しようともしていません。むしろ、起こらないようなケースを予測しようとしています。


1871年以降、というよりもここ数十年でアメリカ経済の構造も非常に大きく変化しているので、この結果をそのまま鵜呑みにするのは危険です。あくまでも参考情報の一つとして利用してください、と作者は警告しています。

しかも、このブログを主に読んでいると思われる日本人のリタイア・シミュレーションにとっては、この運用成績も残念ながら、本当に参考程度にしか使えません。私を含めて多くの日本人は、円建てで資産運用を考えていますし、米国株と米国債券だけに投資している人(しかも75:25で)はほとんどいらっしゃらないでしょう。

ただ、このFIRECalcは、いろいろな条件を付けてのモンテカルロ・シミュレーション(ランダム・シミュレーション)が可能になっているので、これを利用して我々にももう少し有用な形でこのweb計算機を使う方法がありそうです。

とりあえず今回はご紹介まで。そのうちもう少し詳しく見たいとおもいます。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: タイトルなし

>セカンドライフさん

デフォルトの仕様はさすがに我々には適用不可ですよね。
近く、応用編を書きますね。

何度も繰り返し計算してしまいました。

支出が年間3万ドルぐらいだと、期間を40年にしても、すべてのシュミレーションで、赤字にならすにすみます。

やはり、アメリカなのですね。なんだかんだ言っても、1871年以降では安定した国家運営ができているということでしょう。
日本ではこのようにはいきませんね。いや、こんなにうまくいく国がほとんどないと言ってもよいのかもしれませんね。
アメリカ国籍で、アメリカの株と債券で運用しているなら、今すぐにリタイヤしてもよいのかもしれません。
などという、妄想を抱いてしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

早期リタイア計算機FIRECalcの使い方(1)

前回、アーリーリタイアに特化したアメリカのWeb計算機FIRECalcを紹介しました。読み方はファイアカルクで良いのでしょうか。 シンプルに、年間支出額と現有金融資産額、それからリタ...
スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。