記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

株価や為替高下の説明が理解不能

金融商品を持っていますので、Yahooファイナンスなんかをチェックしています。相場の細かい記事はあまり読みません。なぜなら、難しくて理解が追いつかないからです。

関門抜けの空気が「霧が晴れた」との見方を呼び、割安水準にある株価の見直しにつながる可能性があるからだ。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130615-00930829-mosf-market

だが、25日線、75日線、下値抵抗線、雲と多くの節で止まらず「もうはまだ」という展開になっている。その要因は米国のトリプル安やアジア株の下落、為替の円高など外部にある。上値にシコリを抱えたこともあり、日経平均の日足が明確な好転を見せるまで、買いは慌てるなということだ。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130615-00000002-stkms-market

もしかしたら私が知らないネットスラングなんでしょうか?「関門を抜けると、そこは霧が晴れていた」と川端康成を引いたスラング?
株価や為替が短期的にはなんとなくの気分で動いているということはわかったのですが。「もうはまだ」は禅問答にこういうのがあるの?

週末14日のニューヨーク外国為替市場では、米量的緩和策をめぐる先行き不透明感や不安定な株価動向をにらみ、リスク回避目的で円が買われた。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130615-00000020-jijf-market

米国の株価上昇などを背景に海外市場では円は95円台後半まで弱含んだものの、日本政府が閣議決定した成長戦略への失望感などを背景に円の下値も限定的。市場からは「前日の海外市場の動きで円高の動きはいったん落ち着いた可能性がある」(市場筋)との声も聞かれたが、引き続き神経質な値動きが続いた。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130614-00000268-jijf-market


これくらいならなんとか・・・リスク回避目的で円が買われる、というのは今ひとつ腑に落ちません。私が長期的に考え過ぎ?日本の成長戦略に失望して円高になるというのは何なんでしょうかね?成長戦略=インフレということなんでしょうか?

と、どうもよくわからない。超短期的な株価や為替の動きというのは、マクロな視点とは全く違う考え方をしなくてはいけないようです。ニュートン力学と量子力学の違いのようなものでしょうか。

年間生活費100万円!36歳からのドケチリタイア日記のmushoku2006さんも、現在の相場で起こっていることは「訳が分かりませんが、事実は小説よりも奇なりということで、受け入れるしかなさそうです。」と書かれています。mushoku2006さんに理解できないものを、まともな投機もしていない私が理解できると思うのはちゃんちゃら可笑しいですね。

「働かない生活」のcrackerjack2007さんも、「投資について」で、このような上げ下げする理由を決めつけることについて疑義を呈しています。

ところがマーケットは、買う人と売る人、真逆の人がいることで相場が成り立っている。買いたい人が多ければ株価は上がり、反対に売りたい人が多ければ株価は下がる(もちろん人数ではなく株数)。個々の人に買いたい理由、売りたい理由はあるだろうが、猛烈な数の参加者が売買しているのだから平均株価が上がったから、あるいは下がったからといって「利益確定の売りに押されて・・・」など単一の理由で説明できるのだろうか?


私の頭にコペルニクス!が起きて、理解できるようになる日は遠そうです。いつか関門を抜けて霧が晴れる日が来るのでしょうか。

↓↓応援おねがいします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ web拍手 by FC2
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

Re: 膨大な無駄

>ぽんぽこさん

十分に多数の人が信念をもって信じれば期待が形成されてそのとおりに動くかもしれないな、とは思いましたが、信じてる人はそんなにいなさそうですね。
下手なよそうは・・・よそうよ

膨大な無駄

アナリストや解説者は「酔っ払いの千鳥足」の行方をまことしやかにチャート分析したり、予想したり、原因解説したり・・・してるわけですからね。
ラジオやテレビも実況解説なんてこともしてる。
俯瞰すれば、コント、コメディ、オカルトの世界です。
でも、大多数がそれらに注目してるわけで、エンターテイメントの世界に似ているのかもしれません。
虎の子をマーケットに預けている人間には、神のご託宣にもうつる。
「暴落が来る」「バブルが来る」と適当に終始一貫主張しておいて、いざそれがくればマスコミでちやほやされ、本が売れる。宝くじと同じで、極端なほうに賭けておけば当たったときの儲けは大きい。
サラリーマン系や学者系はどっちに丁半でてもいいように玉虫色の予測。
「ランダムウォーカー」から目を離せば、市場から離れれば、「投資」しなければ全ては解決します。
夜もよく眠れる。
よそう、・・・は・・うそよ

Re: 後付けの理由ですから

>消費しないピノキオさん

やっぱりそうですよね。ある意味詩的で面白いとは思いました。

後付けの理由ですから

説明ごとは大抵後付けの理由なので
そんな見方をする人もいるんだなぁ
と参考にする程度で受け流しています。
理解不能。全くそのとおりです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

ブログ内検索

スポンサーリンク

アーカイブ


姉妹ブログ:
アラフォー無職おひとりさまの人生セミリタイヤ

今月の人気記事

PR

Twitter

巡回先&相互RSS

相互リンク&RSSについて
リタイアブログリンク集

アクセス数

アクセスランク(30日間)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。